スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織は2016全豪オープン準々決勝でミスが目立ちジョコビッチに敗れる

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は2016年1月26日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードの錦織圭(日本)が第1シードで世界ランキング1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、2-6、4-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはなりませんでした。

第1セット、錦織は第6ゲームでアンフォーストエラー(凡ミス)が続き、このゲームをブレークされてしまいました。その後、そのブレークを返すことができず、このセットを3-6で落としてしまいました。

第2セット、錦織は自身のミスにより第1ゲームと第5ゲームでブレークを許しました。その後は、この2ブレークダウンを返すことができず、このセットも2-6で落としてしまいました。

そして後がなくなった第3セット、錦織は第2ゲームでこの日初めてジョコビッチのサービスゲームをブレークしました。しかし、直後の第3ゲームでサービスキープできず、すぐにブレークバックを許してしまいました。それでも諦めない錦織は第4ゲームでもブレークを果たしましたが、ここでも直後の第5ゲームでサービスキープできず、3-2となりました。その後、第7ゲームでもブレークを許した錦織は3-4とされ、第10ゲームでブレークバックをできないままこのセットを4-6で落として、セットカウント0-3で敗れてしまいました。

この試合では、錦織らしくないストロークのミスが多過ぎました。相手がジョコビッチだということを意識し過ぎたのかもしれません。

次回は、錦織が絶好調の状態でジョコビッチと戦ってもらいたいです。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。