スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土居美咲が2015ルクセンブルク・オープンでツアー初優勝

女子テニスの2015ルクセンブルク・オープン(ルクセンブルク)で10月25日に開催されたシングルス決勝において、世界ランキング92位の土居美咲(日本)が、世界ランキング55位のM・バルテル(ドイツ)を、6-4、6-7(7-9)、6-0のフルセットで破り、プロ7年目でツアー初優勝を飾りました。

日本女子10人目の女子シングルス・ツアー優勝者です。

身長185cmの長身を生かしたサーブと強打が武器のバルテルに対し、身長159cmの土居美咲は打ち負けずボールを拾い続けました。

土居美咲は、優勝したことに対して「とにかくうれしさだけだった。しかも今年最後の大会で優勝。信じられない気持ちで、言葉に表せないぐらい」とコメントしました。

1回戦で世界ランキング20位のA・ペトコビッチ(ドイツ)、準々決勝では元世界ランキング1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)を撃破し、5試合すべてで格上から勝利を奪うという離れ業を成し遂げました。

この優勝により、世界ランキングは自己最高の60位に浮上しました。

グランドスラム大会での最高成績は、2011年のウィンブルドンの3回戦です。グランドスラム大会ではいつも惜しいところで敗れてしまうことが多かったため、来年からの活躍を期待しています。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。