スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015楽天ジャパン・オープン準決勝でペールに逆転で敗れ2015全米オープンの雪辱を果たせず

男子テニスツアーの2015楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は10月11日、シングルス準決勝が行われ、2連覇を狙っていた第2シードの錦織圭(日本)が、難敵B・ペール(フランス)に6-1、4-6、2-6の逆転で敗れ、決勝進出とはなりませんでした。

ペールは今年の2015全米オープンの1回戦で錦織が対戦して敗れた選手です。

この試合、第1セットは、錦織の一方的な展開で6-1で先取しました。

しかし、第2セット3-3で迎えた第7ゲーム、ペールのサービスゲームで錦織が5回のブレークチャンスを生かせなかったことやバックハンドストロークのミスが続いたことなどが響いて、このセットを4-6で落としてしまいました。

そして迎えた最終第3セット、錦織は第2セット中盤からの悪い流れを変えることができず、いきなり第2ゲームをブレークされると、第8ゲームでもブレークを許し、このセットを2-6で落とし、セットカウント1-2で敗れてしまいました。

錦織は、どうもペールとの相性が悪いのか、ここぞの場面でミスが多く、ペールを勢い付かせてしまいました。

錦織は、現在世界ランキング6位、ツアー最終戦に出場できるのはランキング上位8名まで。果たして錦織は世界ランキング8位までに入ったままシーズンを終われるか。

錦織の今後の試合にも注目していきます。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。