スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015全米オープン1回戦でペールにフルセットで敗れる大波乱

テニスのグランドスラムである2015米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会初日の8月31日、男子シングルス1回戦が行われ、昨年準優勝した第4シードの錦織圭(日本)が世界ランキング41位のB・ペール(フランス)に4-6、6-3、6-4、6-7(6-8)、4-6のフルセットで敗れ、初戦敗退を喫しました。

第1セット、錦織は第3ゲームで早くもブレークを許しました。その後、両者サービスキープして迎えたサービングフォーザセットの第10ゲームで錦織がペールのサービスゲームをブレークできず、このセットを4-6で落としました。

このセット、出だしから錦織は何か守りに入っているようで、相手に押されていました。途中、ペールがサービスした際にラケットがすっぽ抜けたため、普通ならラケットを替えるはずが、替えのラケットが無いと主張したり(実際はラケットバッグの中に替えのラケットがあったのですが)、錦織のペースを乱す場面が多々ありました。

第2セット、錦織は第6ゲームでブレークに成功しました。その後、サービングフォーザセットの第9ゲームで錦織がサービスキープしたため、このセットを6-3で取りました。

このセット、第6ゲームでブレークしたあたりから、少しずつ錦織のテニスができるようになっていきました。

第3セット、錦織は第7ゲームをブレークしました。そして、サービングフォーザセットの第10ゲームで錦織がサービスキープしたため、このセットを6-4で取りました。

このセット、ペールは錦織の巧みなテニスの組み立てによりミスを重ねていることに苛立っていました。第9ゲーム終了後はずっとブツブツと言っていました。

第4セット、何かまったりとした雰囲気の中、試合は進み、両者サービスキープして、タイブレークに突入しました。タイブレークに入ると、錦織のミニブレークがあり、6-4で最初のマッチポイントを握りました。しかし、直後のフォアハンドストロークをミスすると、6-7で逆にペールにセットポイントを握られ、最後錦織がフォアハンドストロークをミスして、このセットを6-7(6-8)で落としてしまい2セットオールとされてしまいました。

このセット、錦織はタイブレークで先にマッチポイントを握っていただけに後半の立て続けに飛び出したフォアハンドストロークのミスは痛かったです。

そして最終第5セット、錦織は明らかに疲れて集中力を切らしていました。第5ゲームで一気に畳みかけたペールにブレークを許してしまいました。その後、両者サービスキープして迎えたサービングフォーザマッチの第10ゲームで錦織がペールのサービスゲームをブレークできず、このセットを4-6で落とし、セットカウント2-3で敗れてしまいました。

この試合、長いラリーが本当に少なかったです。単発のポイントばかりなので、ストロークで粘り強くラリーを続けてポイントを取るタイプの錦織にはタフな試合となりました。

また、この試合では終始錦織は自分のペースに持ち込むことができませんでした。サーブのキレが良く、何かノラリクラリしているペールの変なペースに飲まれてしまった感があります。

錦織は悔やまれる試合を落としてしまいました。

錦織には、早くこの試合のことを忘れて次の大会に臨んでもらいたいと思います。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。