スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015シティ・オープン準決勝でチリッチを逆転で下して決勝進出

男子テニスツアーの2015シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は8月8日、シングルス準決勝が行われ、第2シードの錦織圭(日本)が第3シードのM・チリッチ(クロアチア)を3-6、6-1、6-4のフルセットの逆転で下し決勝進出を決めました。

この試合前までの両者の対戦成績は、錦織の5勝3敗でした。この試合は、昨年の全米オープン決勝で敗れて以来の対決で、錦織が雪辱を果たすかがポイントとなっていました。

第1セット、錦織は第2ゲームでいきなりブレークを許しました。その後、両者サービスキープが続き、迎えたサービンブフォーザセットの第9ゲームでブレークバックできず、このセットを3-6で落としました。

このセット、立ち上がりからチリッチのサーブ・ストロークともに出来が素晴らしく、錦織には珍しくストロークでも押される場面がありました。なかなか錦織の調子が上がらず、先にストロークミスをするという悪い展開で、結局錦織らしくない形でこのセットを落としました。

第2セット、錦織はやっと本来の調子を取り戻し、第2ゲームでいきなりブレークしました。第3ゲーム終了後、メディカルタイムアウトを取り、左足のマッサージを受ける場面がありましたが、その後も好調をキープし、第4ゲームでもブレークに成功しました。そして迎えたサービングフォーザセットの第7ゲームでサービスキープして、このセットを6-1で取り返しました。

そして、最終第3セット、錦織は第2セットの好調をキープし、第1ゲームでいきなりブレークしました。その後、両者サービスキープが続いて迎えた第8ゲームでチリッチに立て続けにドロップボレーとストロークエースを決められ、ブレークを許し4-4のイーブンに戻されました。しかし、直後の第9ゲームを錦織が再度ブレークして迎えたサービングフォーザマッチの第10ゲームをサービスキープして6-4で取り、セットカウント2-1で勝利しました。

このセット、第8ゲームで悪い流れの中、ブレークを許してしまった時はどうなるかと思いましたが、直後の第9ゲームで悪い流れを断ち切り、すぐにブレークできたことが勝利につながりました。

錦織は決勝で、第8シードのJ・イズナー(アメリカ)とS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対決します。

がんばれ錦織!→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。