スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原江里菜が2015大東建託・いい部屋ネットレディスで強敵・韓国勢の猛追を抑えて優勝

大東建託・いい部屋ネットレディスの最終日の8月2日(山梨・鳴沢ゴルフ倶楽部)、原江里菜が、アン・ソンジュやイ・ボミといった強敵・韓国勢を押されながらも、1打差で逃げ切り、7年ぶりの優勝を果たしました。

「やっと終わったなと。1日がすごく長かった」。試合後に“ホッとしている”と言って試合を振り返りました。

2位のアン・ソンジュと2打差で迎えた最終日でしたが、1、2番でアン・ソンジュが連続バーディを決めて、原江里菜は4番でボギーをたたき、序盤で1ストロークリードを奪われる展開となりました。

しかし、この序盤のアン・ソンジュの逆転により、原江里菜の心は落ち着いていきました。

14、15番の連続バーディで単独首位に返り咲き、迎えた残り3ホール。

1打リードで迎えた最終18番のセカンドショット。当初は前日までの2日間のようにセカンドショットで池越えを狙う選択肢を考えましたが、“今日はパーでいい!”と自分に言い聞かせて、池越えを避け、冷静さを保った結果、優勝を勝ち取りました。

結果的には、7年間優勝できなかったことが18番での冷静さにつながりました。

原江里菜、優勝おめでとう。よく耐えました。→ranking

画像はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000007-alba-golf.view-000

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。