スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムグルッサが2015ウィンブルドン4回戦でウォズニアッキをストレートで下してベスト8進出

テニスのグランドスラムである2015ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は7月6日、女子シングルス4回戦が行われ、第20シードのG・ムグルッサ(スペイン)が第5シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-4、6-4のストレートで下しベスト8進出を決めました。

第1セット、ムグルッサは第7ゲームでブレークに成功しました。そして、サービングフォーザセットの第10ゲームではブレークポイントが何度かありもつれましたが、結局最初のセットポイントをモノにして、ムグルッサがこのセットを6-4で先取しました。

第2セット、ムグルッサは第2ゲームでブレークを許しましたが、直後の第3ゲームですぐにブレークバックしました。その後は両者サービスキープが続いて迎えた第9ゲームでムグルッサは一気に畳み掛けるようにラブゲームでブレークしました。そして、サービングフォーザマッチの第10ゲーム、ムグルッサは最初に訪れたマッチポイントをサービスエースで決めて、このセットを6-4で取り、セットカウント2-0で勝利しました。

ストローク戦では、ウォズニアッキよりムグルッサの決定力の方が上回っていました。

ムグルッサは、ランキングの差を全く感じさせないメンタルの強さと超攻撃的なテニスを併せ持っているのが魅力です。

ムグルッサは準々決勝で第15シードのT・バシンスキー(スイス)と対戦します。

この対戦も楽しみです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。