スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会2015決勝でなでしこジャパンはアメリカに大敗

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会2015決勝は7月5日午後4時(日本時間7月6日午前8時)、なでしこジャパンがアメリカに2-5で敗れ連覇は果たせませんでした。

■アメリカのゴールは以下の通りです。
ロイド(前半3分)
ロイド(前半5分)
ホリデー(前半14分)
ロイド(前半16分)
ヒース(後半9分)

■日本のゴールは以下の通りです。
大儀見(前半27分)
オウンゴール(後半7分)

日本は、前半たった16分の間に4失点、その後27分に大儀見優季(ウォルフスブルク)が1点を返し、さらに後半7分にはオウンゴールで追い上げましたが、直後に5点目を奪われ万事尽きました。

日本は、ディフェンス陣が早々に崩壊し、前半にDF岩清水梓に代わってMF澤穂希、MF川澄奈穂美に代えてFW菅澤優衣香、後半にFW大野忍に代えてFW岩渕真奈を投入しましたが、ゲームの流れを変えることはできませんでした。

アメリカの決定力は見事としか言いようがありません。また、日本が得意とするパスサッカーを完全に封じられました。

完敗です。

でも準決勝であの強豪イングランドに勝って決勝の舞台まで来たのですから、それだけでも良しとしなければならないのかもしれません。

なでしこには、この悔しさをバネにさらに飛躍してもらいたいです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。