スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015BNLイタリア国際でジョコビッチに一歩及ばず準決勝進出ならず

男子テニスツアーのマスターズ大会である2015BNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー)は5月15日、男子シングルス準々決勝が行われ、第5シードの錦織圭(日本)は世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、6-3、1-6のフルセットで敗れ、準決勝進出とはなりませんでした。

両者は今回が6度目の対戦となり、錦織が敗れたことによって対戦成績を2勝4敗となりました。

第1セット、錦織は第2ゲームでいきなり最初のブレークポイントをモノにされ、このゲームをブレークされました。そして、両者サービスキープが続いた後、3-5で迎えた第9ゲーム、錦織は攻撃的な攻めを見せましたが、大事な場面でのミスが響き、ジョコビッチがこのゲームをキープし、3-6で錦織がこのセットを落としました。

錦織は第1セット、アンフォーストエラーが多かったです。ジョコビッチは比較的楽にサービスキープできていたのに対して、錦織はサービスキープを非常に苦労していました。

第2セットに入ると、錦織が本来の調子を取り戻し、第5ゲームまで両者サービスキープが続きました。そして迎えたジョコビッチサーブの第6ゲーム、錦織は最初のブレークポイントをモノにし、4-2としました。それから、両者サービスキープの後、サービングフォーザセットの第9ゲーム、錦織は危なげなくサービスキープして6-3でこのセットを取りました。

第2セットに入って、錦織はファーストサーブのアベレージが上がったことから、サービスゲームが安定し、ショットのキレも格段に良くなりました。

最終第3セット、第3ゲームまで両者サービスキープの後、第4ゲームで錦織は最初のブレークポイントをモノにされ最初のブレークを許しました。その後、第6ゲームでも錦織は最初のブレークポイントをモノにされ、1-5となってしまいました。第7ゲームはジョコビッチがラブゲームでサービスキープして、結果1-6でこのセットを落としてしまい、セットカウント1-2で敗れてしまいました。

第3セットに入ると、錦織はファーストサーブのアベレージが下がると同時に、アンフォーストエラーが多くなり、最後は自滅した格好となってしまいました。

全体を見ると、ジョコビッチのプレーは安定していましたが、錦織のプレーのアップダウンが激しかったように思います。

次の全仏オープンに期待しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。