スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の体育会TV3時間SPで錦織と体育会TVテニス部(工藤阿須加、石井大裕、杉村太蔵)が対決

2015年4月11日の炎の体育会TV3時間SPで、錦織圭と体育会TVテニス部が対決しました。

今回の体育会TVテニス部は、教える必要が無いテニスの上級者ということで、俳優で工藤公康の息子・工藤阿須加(高校時代に県大会で優勝)と、TBSアナウンサーの石井大裕(元プロテニスプレイヤー)と、元国会議員の杉村太蔵(高校時代に国体優勝)の3人が参戦しました。

松岡修造は錦織にとって、「ジャンガ、ジャンガとかは圭にとってはマイナスです。」と言い切りました。(笑)

よって、錦織とは、真剣勝負1対1の対決をすると宣言しました。

しかし、ただ対決したら簡単に負けることは目に見えているので、2つのハンディを設けました。

まず、サーブは全て体育会TVテニス部のみ。さらに、30-0から試合開始。

錦織は、2ポイント落としただけで即終了というかなり厳しいハンディマッチ。

修造は、まず体育会TVテニス部3人のメンタルを見るため、40-40からの総当たり戦を行うと言いましたが、そこで太蔵が「俳優とアナウンサーに負けたくないから戦いたくない」と10分間もダダをこねました。

しかし、10分経って周囲の空気を読んだ太蔵は、一転してやると言って総当たり戦は始まりました。

結果は、杉村太蔵が2勝0敗で1位、続いて工藤阿須加が1勝1敗、石井大裕が0勝2敗となりました。

散々ダダをこねて周りに迷惑をかけた太蔵でしたが、1位になってかなりご満悦でした。

そして、錦織との本戦。戦いの舞台は有明コロシアム・センターコート。

第1試合は、錦織圭vs工藤阿須加。

第1ポイントは、工藤が頭上を抜けるボールに対して、背面からネット際に落ちるショットを放ち40-0。あのショットはかなりの技術を持った人しか打てません。

第2ポイントは、錦織が逆襲のバックのリターンエースが決まり40-15。錦織は「倍返しだ!」と言っていました。

第3ポイント、第4ポイントも錦織が取って、あっという間に40-40。

第5ポイントは、工藤のハイバックボレーがきれいに決まって工藤のアドバンテージ。

第6ポイントは錦織の逆をつくショットを連続させる工藤でしたが、フィニッシュで惜しくもネットにかけてまた40-40。

第7ポイントは、工藤がパッシングショットを決めて再び工藤のアドバンテージ。

第8ポイントは、ナイスサーブから錦織をコートの外に追い出して、きれいなボレーを決めて最後工藤が勝利を収めました。

第2試合は、錦織圭vs石井大裕。(2人とも修造の元教え子で14年ぶりの対決)

第1ポイントは、石井がサーブアンドボレーをミスして30-15。

第2ポイントは、石井がハイバックボレーを決めて40-15。

第3ポイントは、石井がダブルフォールトを冒して40-30。

第4ポイントは、錦織が強烈なバックハンドを決めて40-40。

第5ポイントは、石井がバックボレーをミスして錦織のアドバンテージ。

第6ポイントは、錦織がバックのドライブボレーを決めて最後勝利を収めました。

第3試合は、錦織圭vs杉村太蔵。

第1ポイントは、太蔵がハイバックボレーをミスして錦織も苦笑いするほどの無様な姿で30-15。

第2ポイントは、太蔵がサーブアンドボレーをして、それに対し錦織のロブがアウトして40-15。

第3ポイントは、錦織がエアKを決めて40-30。

第4ポイントは、太蔵が錦織のネットプレーに敗れ40-40。

第5ポイントは、今日一番の太蔵の強いサーブで錦織がリターンできず太蔵のアドバンテージ。

第6ポイントは、錦織の股抜きショットで動揺した太蔵がミスして再度40-40。

第7ポイントは、錦織の回転のかかったショットにしっかりついていった太蔵がパッシングショットを決めて太蔵のアドバンテージ。

第8ポイントは、太蔵のボールを錦織がバックハンドをネットにかけ最後太蔵が勝利を収めました。

これにより、体育会TVテニス部が2勝1敗として錦織との対決に勝利しました。

試合後、錦織は「石井くん以外はみんな強かったので・・・」と言って周囲を笑わせました。

さらに、錦織は、「0-30はプレッシャーが自然とかかるのでやりにくかったですね。」、「修造さんのせいでリベンジできませんでした。どうにかして下さい。」と修造に話しかけていました。

今回の対決を見て、一番テニスが上手かったのは工藤阿須加だと思いました。彼は技術が高く、メンタルもかなり強かったです。杉村太蔵は技術はないけど、メンタルが人一倍強かったといったところでしょうか。石井大裕は、14年前に錦織と対決して負けたことがトラウマになってしまっているのか、技術以前にメンタルがかなり弱かったです。ちなみに、14年前、石井大裕は高1、錦織圭は小6でした。

シングルスは、メンタルの強さが分かっておもしろいですね。

次の錦織と体育会TVテニス部の対決が楽しみです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。