スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴欧州引退

日本相撲協会は、本日(2014年3月20日)、琴欧州が引退することを発表しました。

琴欧洲は、2002年九州場所で初土俵を踏み、2005年九州場所後に史上最速の19場所で大関に昇進しました。

その後、2008年夏場所では、欧州勢初の幕内優勝を果たしました。

大関在位は歴代単独4位の47場所とのことです。

私は、琴欧州の強かった時の相撲が好きでしたが、相撲を離れた時に見せるやさしい顔も好きでした。

長年、怪我に泣き、大関から陥落してしまいましたが、個人的にはずっと応援していました。

お疲れ様でした。良き親方になってもらいたいと思います。→ranking



琴欧州引退の記事はこちら↓
http://mainichi.jp/sports/news/20140320k0000e050227000c.html

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

琴欧洲が引退
琴欧洲が引退したことは残念ですが、不祥事と節電を理由に大相撲は大至急廃止して総合相撲を設立させるべきで、大相撲の記録(通算勝敗休数(白鵬は744勝172敗21休、日馬富士は575勝349敗12休、旭天鵬は835勝826敗22休、琴欧洲は506勝301敗44休など)、連勝、優勝回数(白鵬は24回、日馬富士は5回など)、連覇(白鵬は7回など)など)は2012年度(2013年3月の春場所)までにするべきです。総合相撲の力士は大相撲の1981年度(1981年4月1日)以降生まれ(白鵬、日馬富士、鶴竜、朝赤龍、豊ノ島、豊真将、翔天狼、玉飛鳥、琴奨菊、北太樹、豪栄道、土佐豊、千代大龍、稀勢の里、栃乃若など)の力士を受け入れ、1980年度(1981年3月31日)以前生まれ(旭天鵬、時天空、安美錦、若の里、芳東、豪風など)の力士は大至急強制引退するべきです。琴欧洲は1983年(1982年度)2月19日生まれで、1981年度(1981年4月1日)以降に生まれた力士だったので総合相撲の力士になるはずだった人です。2013年3月の春場所を最後に引退した1980年度(1981年3月31日)以前生まれの力士は雅山、垣添、剣武などです。大相撲は日本相撲協会ですが、総合相撲は日本総合相撲協会にするべきです。大相撲の本場所は5月の夏場所と9月の秋場所と1月の初場所が東京の両国国技館、7月の名古屋場所が愛知県体育館、11月の九州場所が福岡国際センター、3月の春場所が大阪府立体育館で開催してますが、総合相撲の開催場所は東京の大田区総合体育館で開催させるべきで、本場所は5月の夏場所と9月の秋場所と1月の初場所の3回で、総合相撲は2013年5月の夏場所から開催してほしかったです。また日本大相撲トーナメントはフジテレビ系列で毎年度2月の上旬の日曜日に放送して東京の両国国技館で開催してますが、日本総合相撲トーナメントはテレビ東京系列で毎年度2月上旬の日曜日に放送して東京の大田区総合体育館で開催するべきです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。