スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015メンフィス・オープンの準決勝でクエリーを辛くも下して決勝進出

男子テニスツアーの2015メンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード)は2月14日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)が2010年度優勝者のS・クエリー(アメリカ)を5-7、7-6(7-5)、7-6(7-5)のフルセットで辛くも下し、決勝進出を果たして3連覇に王手を掛けました。。

第1セット、両者サービスキープのまま、錦織サーブの第12ゲームを迎え、このゲームで初めてブレークを許し、5-7で落としました。

第2セットに入っても、緊張感の続く展開で両者サービスキープが続き、錦織にとって今大会初のタイブレークに突入しました。タイブレークに入っても、両者サービスポイントのキープが続き、12ポイント目でワンチャンスをモノにした錦織が7-6(7-5)でこのセットを取り、セットカウント1-1としました。

最終第3セット、錦織は第3ゲームでブレークを許しましたが、クエリーサーブの第6ゲームで15-40とするとワンチャンスを生かしてブレークバックに成功しました。その後は両者サービスキープが続き、このセットもタイブレークに突入しました。タイブレークに入ると、共にミニブレークが続きましたが、10ポイント目でクエリーが痛恨のダブルフォルトを冒して突然錦織にマッチポイントが訪れました。そして、12ポイント目、4度目のマッチポイントでクエリーのリターンがアウトとなり錦織が7-6(7-5)とし、セットカウント2-1で勝利しました。

試合後は、両者疲労しきった表情でした。この試合に勝った錦織はクエリーに3勝3敗としました。試合時間は2時間41分でした。

錦織は決勝で第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦します。

錦織の3連覇を信じてみんなで応援しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。