スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャラポワが2015全豪オープン決勝でセレナ・ウィリアムズに敗れ優勝を逃す

テニスのグランドスラム、2015全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は1月31日、女子シングルス決勝が行われ、第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が、第1シードのセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)に3-6、6-7(5-7)のストレートで敗れ、優勝を逃しました。

セレナは5年ぶり6度目の全豪オープン優勝です。また、19回目のグランドスラム大会制覇です。

第1セット、シャラポワはいきなり第1ゲームをブレークされました。その後、第6ゲーム途中、雨のために一時プレーが中断となりましたが、屋根を閉めて再開されました。シャラポワの2-4で迎えた第7ゲームはまたセレナにブレークされましたが、直後の第8ゲームをシャラポワがブレークバックしたたため、3-5となりました。しかし、第9ゲームでシャラポワはさらにブレークを許したため、3-6でこのセットを落としました。

第2セットは、第9ゲームまで両者サービスキープが続きましたが。シャラポワサーブの第10ゲームでいきなりマッチポイントが来ました。しかし、シャラポワは強靭な精神力でこれを跳ね返し、サービスキープしました。その後6-6となりタイブレークに突入しました。タイブレークは、シャラポワが6-7(5-7)で落とし、セットカウント0-2で敗れました。

セレナはとにかくサーブが良かったです。苦しい場面で簡単にサービスエースを取って劣勢を跳ね返しました。最後のポイントもサービスエースでした。

ストローク戦、ネットプレーともにシャラポワが制していました。

しかし、シャラポワでもセレナの200kmを超えるサーブの勢いを抑えることはできませんでした。

次の両者の対戦を期待したいと思います。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。