スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北自動車道上り・羽生パーキングエリアがすごいことになっている

2005年の民営化以降、高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)がすごいことになっています。グルメの充実度はもちろん、温泉や宿泊施設が併設されたSAまで登場し、それを目的に出かける人も多いといいます。

中でも『東北自動車道上り・羽生パーキングエリア』はある意味で「究極のパーキングエリア」と言えるでしょう。一体なにが究極なのかというと、この羽生PA、店やグルメだけでなくPAそのものが江戸時代風にアレンジされた、テーマパーク型パーキングエリアになっているのです。

『東北自動車道上り・羽生パーキングエリア』は、埼玉県の北東に位置する羽生市にある。以前は一般的なパーキングエリアでしたが、2013年12月に『鬼平江戸処』としてリニューアル。一躍『究極のパーキングエリア』として注目を集めることになりました。

建物からグルメまでが江戸の町並み風にアレンジされているのですが、そのこだわりっぷりがハンパではないのです。初めて羽生パーキングエリアに入った人は「遊園地にでも来ちゃったかな?」と勘違いしてしまうかもしれません。

興味のある方はお出かけ先として考えてみてはいかがでしょう。→ranking

記事はこちら↓
http://rocketnews24.com/2015/01/30/540298/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。