スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織の2015全豪オープン3回戦は逆転で勝利

テニスのグランドスラム、2015全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は1月24日、男子シングルス3回戦が行われ、第5シードの錦織圭(日本)が、S・ジョンソン(アメリカ)を6-7(7-9)、6-1、6-2、6-3の逆転で下し、4回戦進出を決めました。

第1セット、錦織は第3ゲームをブレークしましたが、第6ゲームで逆にブレークを許し、3-3。その後、お互いサービスキープが続き、6-6でタイブレークに突入しました。タイブレークは、両者一歩の譲らない展開でしたが、錦織のダブルフォールトも絡み、結果6-7(7-9)で落としました。

第2セット、錦織は第2ゲームと第6ゲームでブレークに成功し、逆に6-1で取り返しました。

第3セットに入っても、流れは変わらず錦織は第1ゲームと第3ゲームでブレークに成功し、6-2で取りました。

第4セットに入ると、一転ジョンソンが息を吹き返しました。そんな中、錦織は第2ゲームで0-40の大ピンチでしたが、ここからの5連続ポイントでのサービスキープは圧巻でした。両者サービスキープが続きましたが、第7ゲームと第9ゲームを錦織がブレークし、このセットを6-3でモノにし、セットカウント3-1で勝利しました。

第1セットの競った展開ではどうなることかと思いましたが、やはり錦織の集中力が違いました。世界ランキング38位(ジョンソン)と5位(錦織)の違いをまざまざと見せつけられました。

試合を通して、錦織はサービスが良かったです。サービスエースは15本でした。明らかに昨年までとは違う今年の錦織です。

錦織の4回戦の対戦相手は、第9シードのD・フェレール(スペイン)となります。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。