スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2015ブリスベン国際の準決勝でラオニッチに惜敗

テニスの2015ブリスベン国際は1月10日、男子シングルス準決勝で世界ランキング5位の錦織圭(日本)が、同8位のM・ラオニッチに、7-6(7-4)、6-7(4-7)、6-7(4-7)の大接戦の末に敗れ、同大会初の決勝進出とはなりませんでした。

全てのセットでタイブレークとなりましたが、第3セットのタイブレークでは、錦織が7ポイント目でフォアハンドをわずかにアウトし、また最後の11ポイント目ではラオニチにリターンエースを決められ、2時間33分で錦織が敗れました。

惜しかったですね。M・ラオニッチはさすが新BIG3と呼ばれる3人(錦織圭、M・ラオニッチ、G・ディミトロフ)の中の1人。これからも厳しい戦いになりそうです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。