スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織と修造が2014日清食品ドリームテニスARIAKEでアガシと共演

昨日(11月22日)、有明コロシアム(東京/有明テニスの森)で、2014日清食品ドリームテニスARIAKEが開催され、先日のATPワールドツアー・ファイナルズで準決勝進出を果たした世界ランキング5位の錦織圭(日本)と元世界ランキング1位のA・アガシ(アメリカ)が対戦し、8-6(8ゲームマッチ)で錦織が勝利しました。

アガシは2006年に現役引退し現在44歳なのですが、全く衰えを感じさせず、全てのショットにキレがありました。

あまりエキシビションマッチっぽくないというくらい2人とも本気でプレーしていたのが印象的でした。

しかし、錦織もアガシも随所に観客を沸かせるプレーを繰り出し、観ていて楽しかったです。

試合後、錦織がチェアアンパイアの席に座って何を言うかと思ったら、あの松岡修造を呼び出し、「修造さんの本気のテニスを見たことないのでアガシさんとぜひテニスを!」と言い、急遽、アガシ対修造の7ポイントタイブレーク・サプライズマッチが実現しました。

修造がインカムを付けていたので、ずっとブツブツ言いながらプレーしていましたが、結局は7-5で修造が勝ちました。途中、2-1の場面で錦織が修造のことを「2-1ファブリーズ」と呼んだため、修造はサーブする時に「除菌してやる」などワケの分からないことを言って観客を沸かせていました。ちなみに、修造がシングルスの試合をするのは16年ぶりだったそうです。

まさにドリームテニスでした。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。