スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2014ツアー・ファイナルズ・グループステージ第1戦で快勝

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、2014バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は11月9日、グループBの予選ラウンドが行われ、大会第4シードの錦織圭(日本)が第5シードのA・マレー(イギリス)を6-4、6-4のストレートで下し、今大会のデビュー戦を勝利で飾ると同時に、今まで勝ったことがなかった難敵を打ち破りました。

マレーは錦織への印象を次のように語ったそうです。「彼(錦織)が技術やショットなどで特に変わったとは思わなかった。ただ、かなり自信を高めてプレーをしていた。そのことから、更にチャンスを掴めるようになっていたし、以前よりかなり攻撃的にプレーをして来た。」

錦織が予選を戦うグループBは、錦織、マレーの他、フェデラー、ラオニッチがいるため、もう一方のグループAよりタフだと言われています。

そんな中、迎えた初戦のマレーとの対戦で、かなり緊張して試合に臨んでいた事を錦織は明かしたそうです。

「スタジアムもかなり大きかったので、なるべく周りを見ないようにしていました。とても多くの観客が詰め掛けてくれていたからです。第2セットになって、より自信を持ってプレーする事が出来ました。そしてプレーもどんどん安定してきました。」と、錦織は試合を振り返りました。

確かにグランドスラム大会に負けず劣らずのスタジアムの大きさでした。(1万7500人の観客を収容するイギリス・ロンドンのO2アリーナ)それに照明と音による演出がすごかったです。今まで見たことがない雰囲気の大会です。

錦織は2試合目でR・フェデラー(スイス)と対戦します。(BS朝日で11月11日22:54から放送)

予選ラウンド突破を願って錦織を応援しましょう。→ranking

参考記事はこちら↓
http://news.tennis365.net/news/today/201411/102496.html

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。