スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Nのために」第3話のあらすじと感想

10月31日(金)夜10:00から「Nのために」(TBS系列)の第3話を観ました。

2014年、島の元駐在の警察官・高野茂(三浦友和)は、野口夫妻(徳井義実、小西真奈美)殺人事件の真犯人について疑問を持ち、杉下希美(榮倉奈々)の周辺を聞き込みしていました。あと1年で時効を迎える料亭さざなみの放火事件の犯人を明らかにするために。なぜそれほどまでに14年前の放火事件にこだわるのか?それは、その放火事件が原因で高野の妻(原日出子)が声を失ったからでした。

2000年、成瀬慎司(窪田正孝)は県で一人しか受からない大学の奨学金援助の試験に受かりました。そんな中、駐在の高野は、料亭さざなみの火災現場からオイルの空き缶が見つかったこと、最近よく成瀬が夜うろついているのを島の人が見ていたことから、成瀬が火を点けたのではないかと疑います。

一方の希美は、奨学金援助の試験に受からず、担任から就職するのも一つの手だと告げられ悩みます。しかし、希美は悩んだ末に島から出ることを心に決めるのでした。

そして、不倫相手と一緒にいる父親のもとへ大学に行かせてもらいたいとお願いしに行きます。島のみんなの前で土下座をして父親に懇願する希美に対して、父親は大学に行かせないとは言っていない、行きたければ行けばいいと言うのでした。そうして希美は東京の大学に受かります。

成瀬は希美より先に島を出ます。島を出るフェリーを追いかけて希美は成瀬に何度も何度も「がんばれー」と叫ぶのでした。

その様子を見ていた駐在の高野は料亭さざなみの火事の日の夜に何かを共有したと確信します。

2014年、高野は希美と安藤望(賀来賢人)、西崎真人(小出恵介)が一緒に住んでいた野バラ荘の管理人にも聞き込みをしますが、裏には野口夫妻殺人事件で有罪となった西崎が潜んでいたのです。

2000年、野バラ荘に引っ越してきた希美は、同じく野バラ荘に住む住人、安藤と西崎と初めて会うのでした。そして、3人は地下鉄工事により立ち退きを迫る不動産屋から野バラ荘を守るため「N作戦」を企てます。野バラ荘からは、富裕層の住むタワーマンションが見えるのでした。

「N作戦」はどういった展開を見せるのか、すごく気になります。次回もまた観ます。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。