スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織のユニクロ対決の裏で中国のリーニンとの対決も・・・

テニスの全米オープン決勝は、マリン・チリッチ(クロアチア)が錦織圭(日本)を下して、幕を閉じました。実はこの決勝は、一部では「日中アパレル対決」としても注目を集めていたそうです。

錦織のユニクロに対し、チリッチは中国のスポーツ用品メーカーである「リーニン」のウエアに身を包んでいたのです。日本ではまったくなじみのないこのリーニン、一体どんなメーカーなのでしょう?

同社は1990年に、84年ロサンゼルス五輪の金メダリストである中国の元体操選手・李寧(りねい)によって創業されたそうです。リーニンとは、李寧の中国語読み。そして、ロゴマークは彼の名字の頭文字の「L」をデザイン化したものだといいます。

海外のスポーツブランドに詳しい大手商社社員A氏は、 「あのロゴはナイキのパクリだといわれていて、中国人でさえ誰もがそう思っています(笑)。というのも、李寧会長(現在の役職)が、会社設立当初からナイキのようなスポーツ用品メーカーになることが目標だと、半ば公然と語っていたからです」

その意気込みどおり、巨大な国内市場と中国の経済成長を追い風に、同社は国内最大のスポーツブランドへと成長したそうです。

そして、リーニンといえば忘れてはならないのが、2008年北京五輪の開会式。聖火リレーの最終ランナーとして宙を飛び、聖火台に点灯した地味なおじさんを覚えているでしょうか?

「彼こそが李寧会長です。北京五輪公式スポンサーの契約をアディダスに取られたリーニンは、会長の中国スポーツ界へのコネを駆使し、開会式最大の見せ場に李寧自らが露出するという裏ワザで世界へ自社をアピールしたのです」(A氏)

このことからもわかるとおり、同社はPR戦略に長けているそうです。国内業績で蓄えた莫大(ばくだい)な資金を元手に、近年は積極的に海外の著名選手、チームと契約を結んできたとのこと。

NBAのシャキール・オニール(昨年引退)やドウェイン・ウェイド、陸上・女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ、さらに、かつてのサッカー・スペインリーグのエスパニョール、セビージャなどが代表例で、真のグローバル企業であるナイキやアディダスとまともに競っては勝てないので、ピークを過ぎた大物や中堅どころのチームに狙いを絞って、大金で誘うのが特徴だそうです。

そんな作戦の一環としてテニス界への足がかりにしたのが、チリッチだったというわけなのだそうです。

テニス誌編集者のB氏は、「全米開幕前までは世界ランク16位だったことからわかるとおり、チリッチはまだ真の一流選手とはいえません。グランドスラム大会でシードされるレベルの男子選手で現在、リーニンを着ているのは彼ひとりだけだし、女子でも今回の全米でシングルス4強入りしたペン・シューアイ(中国)が目につく程度。テニス界でのリーニンの存在感は、まだ薄いですね」

だからこそチリッチの全米制覇を機に、テニス界へも攻勢をかけたいところだろうが、そうもいかない事情が……。

「中国国内景気の冷え込みや、他社との競争激化などが原因で、ここ3、4年のリーニンは業績不振に陥っているのです。アメリカにあった直営店は閉鎖され、東南アジア事業も縮小傾向にあります」(前出・A氏)

チリッチが来ているウェアのマークを不思議がって観ていた人も多いのでは?

人気が出る、出ないに関わらず「リーニン」覚えておくとおもしろいかもしれませんね。→ranking

参考記事↓
http://yukan-news.ameba.jp/20140917-20475/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。