スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子テニス界は新たなステージへ

2014年の全米オープンは、M・チリッチ(クロアチア)の優勝で幕を閉じましたが、グランドスラム大会にはこんな記録があります。

2005年の全仏オープン以降、今回の全米オープンまでの38回のグランドスラム中36回がトップ4と呼ばれるN・ジョコビッチ、R・ナダル、R・フェデラー、A・マレーが優勝を分け合って来たのです。

2009年の全米オープンではJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)がフェデラーを下し、今年の全豪オープンではS・ワウリンカ(スイス)がナダルを下して優勝しているだけでした。

いかに、トップ4の壁が厚いかを示した記録だと思いませんか?

その厚い壁を破ったのが、今年の全米オープンで決勝にまで上り詰めたチリッチであり、錦織なわけです。

男子テニス界は新たなステージに突入したと言ってもいいでしょう。

新たなステージには何が待っているのか?

非常に楽しみです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。