スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014全米オープン準決勝で錦織がジョコビッチを撃破

アメリカ・ニューヨークで開催されている2014全米オープン(8月25日~9月8日/グランドスラム/ハード)の男子シングルス準決勝で、日本の錦織圭(日本)が世界ナンバーワンで第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、1-6、7-6(7-4)、6-3で倒し、アジア出身の選手として初となるグランドスラムの決勝に進出しました。

この日のジョコビッチは、完全に錦織のショットに押されて、若干引き気味でした。

第1セットは、錦織のブレークが先行し、6-4で先取しました。

第2セットは、ジョコビッチが実力を発揮し、1-6で取り返されました。

第3セットは、第3ゲームで錦織が15-40とされながら、10分近いゲームをものにし、その勢いのままタイブレークを7-6(7-4)で取りました。

第4セットも、第2ゲームで0-40の大ピンチを切り抜け、最後の第9ゲームでジョコビッチのストロークがアウトとなり6-3で取り、セットカウント3-1で見事決勝進出を決めました。

決勝では、第14シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦します。

きっと、この強力なレシーブ・ストロークと、タフな精神力でチリッチを倒してくれると信じています。

全米オープン優勝まであと1つです。みんなで錦織を応援しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。