スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014全米オープン4回戦でウォズニアッキがシャラポワに勝利

アメリカ・ニューヨークで開催されている2014全米オープン(8月25日~9月8日/グランドスラム/ハード)4回戦で、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、マリア・シャラポワ(ロシア)を6-2、2-6、6-2で押し切り、ベスト8進出を果たしました。試合時間は、2時間37分でした。

「今季はアップダウンがあった」とウォズニアッキは振り返りつつ、「今は自分のやりたいプレーができている」と話しているそうです。

第5シードのシャラポワの敗退で、女子のトップ6シードでの勝ち残りは、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)だけとなりました。

第3セットに突入する前に、暑さのために10分間の休憩が挟まりましたが、シャラポワはコートに戻るのが遅れ、主審からタイムバイオレーションの警告を受けてしまう場面がありました。

ウォズニアッキは自分の方が体力が残っているとこれで感じ、ポイントごとにシャラポワの体力が削られているのがわかったと話しているそうです。

第3セットでは先にウォズニアッキが3-1とリードを広げると、センターコートの観客たちはスタンディングオベーションを捧げ、腕を上げてウェーブを起こしました。

ウォズニアッキの守備的なスタイルが、これまではトップ選手相手には通用せず、グランドスラムでの最高成績は準優勝でしたが、この日はシャラポワを完全に封じ込めました。
 
11月2日に行なわれるニューヨーク・マラソンに出場すると表明しているウォズニアッキ。今は秋のシーズンとの忙しい毎日の中で、トレーニングを続けているといいます。ですが、そのトレーニングが彼女の心身を鍛えているようで、テニスコートでもその効果を発揮しているようです。

ウォズニアッキの準々決勝の相手はサラ・エラーニ(イタリア)です。

元世界ランキング1位の実力が試されるところです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。