スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014全米オープン1回戦で新星ベリスがチブルコワを破る波乱

テニスの四大大会の一つ、2014全米オープン(The US Open Tennis Championships 2014)は8月26日、米ニューヨーク(New York)市のUSTA・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター(USTA Billie Jean King National Tennis Center)で女子シングルス1回戦が行われ、大会第12シードのドミニカ・チブルコワ(Dominika Cibulkova、スロバキア)が1-6、6-4、4-6で米国の15歳キャサリン・ベリス(Catherine Bellis)に敗れる波乱が起きました。

15歳の選手が全米オープンの本戦で白星を挙げるのは、1996年大会で4回戦進出を果たしたロシアのアンナ・クルニコワ(Anna Kournikova)氏以来とのこと。

しかし、大学進学を考えアマチュアで参戦しているベリスは、2回戦進出により得ることのできる賞金6万420ドル(約630万円)を受け取ることができません。

世界ランク1208位のベリスは、「故障の可能性も考えて、大学進学のためにも今はアマチュアを続けるつもり。でも、いつかはプロになりたいと思うわ」と話したそうです。

「(賞金のことは)考えていない。つまり、他の何よりも試合に集中したいの」

全米テニス協会(USTA)の大会で優勝し、主催者推薦のワイルドカードで今大会の出場権を獲得したベリスは、これまでトップ100の選手と対戦したこともなかったそうです。

ベリスは、ファーストネームとミドルネームを合わせた「シーシー(CiCi)」の愛称で親しまれているとのこと。

また、新星が現れましたね。→ranking

記事はこちら↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3024147

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。