スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名企業の名前の由来21連発 「NIKE」「Amazon」「IKEA」など

あの有名企業の名前はどのようにして付けられたのだろうか?

そんな疑問を持ったことありますよね。

そこで、海外サイト「Just something」に掲載されていた『有名企業の名前の由来』を書いたページがありましたのでご紹介したいと思います。日本で有名な21の企業が選出されています。

ちなみに、「NIKE」「Amazon」「IKEA」は以下のような感じです。→ranking

■NIKE(ナイキ)
ギリシア神話に登場する勝利の女神 “ニーケー” に由来。ロゴマークの “スウッシュ” は、この女神の彫像の翼が元となっているそうです。ちなみに、このロゴはグラフィックデザインを勉強していた学生キャロライン・デビッドソンによってデザインされたそうですが、彼女に支払われたデザイン料はたったの35ドル(約3500円)だったとのこと。

■Amazon(アマゾン)
当初、「Cadabra.com」との社名だったそうですが、英語で “死体” を意味する “cadaver” と音が似ていたため、「Amazon.com」に変更されたとのこと。創設者のベゾスは、1番目のアルファベッドである “A” から始まる名にしたいと思っていたところ、“Amazon” という言葉を発見したのだとか。

■IKEA(イケア)
創業者イングヴァル・カンブラードのイニシャル「I.K.」と、彼が育ったスウェーデン南部の農場エルムタリッドとアナグリッド村の頭文字「E.A.」を合わせたものとのこと。「IKEA」という名前を登録商標したとき、カンブラードは弱冠17歳だったそうです。

その他の企業名の由来はこちら↓
http://rocketnews24.com/2014/07/18/465776/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。