スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ウィンブルドン3回戦で錦織が2日間にわたる試合を制する

テニスのグランドスラムである2014ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は6月30日、男子シングルス3回戦が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が、世界ランク132位のS・ボレッリ(イタリア)を3-6、6-3、4-6、7-6(7-4)、6-4のフルセットの末に下し、大会初の4回戦進出を決めました。

この試合は6月28日に行われ、3-6、6-3、4-6、7-6(7-4)、3-3の時点で日没により順延となり、続きは6月30日に持ち越しとなっていました。

両者は今回が初めての顔合わせで、錦織はボレッリとの対戦成績を1勝0敗とリードしました。

過去同大会で錦織は、2008・2010・2011は初戦敗退、2012・2013年に3回戦進出となったのが最高成績となっているため、今回ボレッリに勝利してウィンブルドン初の4回戦進出を決めました。

錦織は、松岡修造以来19年ぶりの日本人男子ベスト8進出をかけて、4回戦で第8シードのM・ラオニッチ(カナダ)と対戦します。

ラオニッチのサーブには要注意ですが、リターンのいい錦織がサービスブレークを重ねてくれると信じています。

錦織を応援しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。