スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライザップのダイエット法とは?

たった2ヵ月で人生を変える・・・。

今、テレビCMや交通広告などで話題になっているパーソナルトレーニングジムの『ライザップ』の謳い文句です。

口で言うのは簡単ですが、実際、取り組んでみるとさまざまな誘惑に負けてしまうのが、ダイエット。

しかし、ここでは完遂率90%以上だといいます。

そのダイエット方法について、運営する健康コーポレーションの瀬戸健社長は以下のように話しています。

「2ヵ月やってもらえれば、腹筋がバギバギになります」。体重減の平均は11キロ。会員の中には、体脂肪30%だった70代の男性が体脂肪10%を切った例もあるそうです。

「年齢を問わず、魅力的な体をつくることができます。結果に責任を持っていますから」。

通常、スポーツジムは、“場所貸し”であり、トレーニング機材を備えた空間の使用料でビジネスを行っていますが、ライザップは、パーソナルトレーナーと目標設定していき、結果を出すことで対価を得る、新しいビジネスモデルとなっているとのこと。

「幽霊会員を出さない。そこを担当するトレーナーには厳しく言っている」と、トレーナーの存在がこのビジネスモデルの肝になっているとのことです。

では、どのようなトレーニングをしているのか気になるところですが、実は、トレーニングに費やす時間は決して多くないそうです。

一般的なコースだと、50分のトレーニングを週2回。それでも「負荷の高いものをやっている。ベンチプレス、複数の種類の腹筋、スクワットなど。翌日、腕が上がらなくなるくらい追い込んでもらいます」と、ハードなメニューが用意されているそうです。

ここで重要な役割を果たすのがトレーナーの存在。「会員の方に甘えを許さない、厳しくトレーニングさせることが大事です。実は、トレーナーには、美容師出身だった人もいて、コミュニケーション力が高く、こういったトレーナーがかなり厳しく、しっかりと筋力アップをサポートしてくれています」。

しかし、本当のダイエットは、週2回行われるトレーニングではないとのこと。「ジムに通ってもらう時間は、1週間168時間のうち、わずか2時間に満たないのです。その2時間だけでは結果が伴いません。自宅でできる腹筋などは、可能な限りやってもらいますが、食事管理を徹底してもらいます」。

食事管理とは、夕食で糖質(ご飯など)を抜いた食事を摂り、すべての食事でどういうものを摂ったかを写真に撮って、管理していく方法。管理するのはトレーナー。コミュニュケーション力の高い、甘えを一切許さない“鬼軍曹”が、毎食、管理してくれるとのことです。

意外なのは、有酸素運動を行わないこと。ダイエットで連想しやすいトレーニングにランニングや水泳などが挙がりますが、ここでは、有酸素運動のメニューは用意されていないとのこと。

「ターゲット層の会員の方は、自分には有酸素運動は継続できない、と思っている方が多い。自分では痩せられないと思っている方が、入会してくる。ダイエットを継続してもらうことを最優先に考えてメニューを組むと筋力アップと食事管理になる。それを専属トレーナーと2ヵ月徹底的にやることで、目標に到達します」。

サービス開始から今年で3年目。延べ1万3000人の会員が魅力的なボディを手に入れたといいます。

もちろん、2ヵ月通っただけで、永遠にその肉体が維持できるわけではありません。「我々は魔法をかけているわけではない。会員の方がトレーナーとしっかり頑張ってもらって、2ヵ月が終わったあとでも、月に1回程度で通ってもらうことが理想です」。

ライザップのダイエットメソッドは、ハードなトレーニングもさることながら、トレーナーとのコミュニケーションによって、2ヵ月間、そして半永久的にダイエットを意識させることにあるようです。

しかし、納得ですねー。

なんでたった2ヵ月でCMのような引き締まった体になるのか疑問でした。

結局は、トレーナーとのやりとりを通して自己管理を徹底的に身に着けさせることに理由があったのですね。→ranking

記事はこちら↓
http://thepage.jp/detail/20140617-00000003-wordleaf

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。