スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーブで楽に回転をかける方法

以前、初級・初中級者の方のサーブ練習について書かせて頂きましたが、今回はサーブで楽に回転をかける方法について書かせて頂きたいと思います。

トスとラケットを担ぐのを同時に行うのは、実はなかなか難しいものです。

ですから、先にラケットを担いでおく方法はいかがでしょうか?

この方法ですと、トスに集中できると同時に、楽に回転がかけられるようになります。

子供のクラスを見ていると、初めはこの方法で教えている場合が多いんです。

ラケットは、下から上のまたは横の単純な運動で済むように、トスする前にラケットを背中に着くくらいまで下げて担ぐようにするといいと思います。

それと、ラケットの握りは、コンチネンタルグリップ(包丁を持つような握り方)がいいでしょう。

トスは、自分の鼻筋を通すように、すーっと上げるようにします。

ボールを離すリリースポイントは目の高さくらいだと思って下さい。

また、トスでボールを上げる位置は、斜め少し前くらい、トスした手でボールを自然とキャッチできるくらいの位置だといいと思います。

そのトスしたボールを、先に下げておいたラケットで下から上をまたは横をこするように打つと、自然と回転がかかります。

初級・初中級の方は、特にボールの縦回転・横回転は意識せず、ただラケットを振り切ることだけ意識すればいいと思います。ラケットを下から上へ振り上げれば、回転は自然と付いてきます。

サービスを安定させるためには、回転のかかったサービスは必要不可欠です。

気になった方は、ぜひ試してみて下さい。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。