スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014全仏オープン決勝でシャラポワがハレプを倒し優勝

テニスのグランドスラムである2014全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は6月7日、女子シングルス決勝が行われ、第7シードのM・シャラポワ(ロシア)が、第4シードのS・ハレプ(ルーマニア)を6-4、6-7(5-7)、6-4で下し、2年ぶり2度目の優勝をしました。

シャラポワは、準決勝のブシャール戦の疲れがたまっていたのか、序盤から中盤にかけて、かなり動きが鈍かったです。第3セット終盤になってからやっと動きが良くなったように思います。

第2セットの第5ゲームなどは、シャラポワがダブルフォールトを3本たたくなど、かなり乱調でした。それにしても、シャラポワは、ダブルフォールトが多すぎます。それでもサービスキープしてしまうのですから、ハレプも決定力が無さすぎです。

最後は、メンタルでシャラポワが押し切ったという印象です。

シャラポワが本当にメンタルが強いということを改めて示した試合でした。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。