スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーランドで始まったプロジェクションマッピング

東京ディズニーリゾートでは初となる、プロジェクションマッピングを取り入れたエンターテインメントプログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」。この注目のショーが、昨日5月29日(木)からついにグランドオープンとなりました。作製費用は約20億円。上映時間は約15分とのこと。

レーザーやサーチライトがディズニーのおとぎ話の世界を華やかに彩り、シンデレラ城は“魔法の絵本”に変身します。「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」などの数多くの名シーンが、投影される映像や壮大な音楽で蘇ります。

ショーをシンデレラ城前の中央鑑賞エリアから観る場合には、座席指定券が必要なため、事前に行われる抽選に参加することが必要となります。しかし、その抽選に外れてもお城の前面が見られる場所を確保できればどこからでも楽しめるので、穴場の鑑賞エリアを見つけておくのも手のようです。

まずは動画でどんなものか見てみて下さい。→ranking

動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。