スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMのギャラについて

10年前までは、高倉健や吉永小百合などベテラン俳優、明石家さんまら大物お笑い芸人などが、8000万~1億円のトップクラスだったが、「長引く不況の影響で、相場は全体に下がっている」と広告業界で働くD氏は話します。

「芸能人で現時点のトップクラスは、ベテラン俳優や大物芸人で6000万~7000万円。この数年で新たにここに加わったのが福山雅治。『アサヒスーパードライ』などCM出演した製品の売り上げが伸びており、企業が最も使いたいタレントとなっています」

男性で続くのは、安定した人気と知名度があるジャニーズ人気グループのトップクラスで4000万~6000万円といわれているそうです。阿部寛、織田裕二など主演級の俳優で3000万~4000万円とのこと。

スポーツ選手では、トップの石川遼が8000万~1億円、イチローが6000万~8000万円。ダルビッシュ有と本田圭佑が5000万円以上、香川真司、長友佑都が4000万円。ただし、「スポーツ選手の場合、成績や話題によって契約数や金額はかなり上下します。今だと金メダルをとった羽生結弦選手に、1本5000万円でオファーが集中しています」。

女性では、トップの安室奈美恵が5000万円。綾瀬はるか、竹内結子、篠原涼子など主演女優クラスも3500万~5000万円。一方、CM本数の多い、剛力彩芽と武井咲は1800万~2500万円と低め。これは、「所属事務所のオスカープロモーションの戦略で、新人時代は安い契約金で本数を稼ぎ、『CM女王』となって知名度を上げることを優先するため」。

ちなみに、「タレントにとって最も出たい、ステータスのあるCMは男性がビール、女性は化粧品、男女とも若手に人気なのは携帯キャリア」。確かに、高額ギャラタレントが数多く出演しています。

でも、数年後、この勢力図がどうなっているのか見ものですね。→ranking

記事はこちら↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1803S_Y4A410C1000000/?df=3

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。