スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙戦艦ヤマト2199」新作劇場版、物語の一端が明らかに!

1974年からテレビ放送された、SFアニメのリメイク「宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズの完全新作となる劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』のあらすじが特報映像と共に公開され、地球への帰還の途上、謎の勢力「ガトランティス」と遭遇したヤマトクルーの奮闘が描かれることが明らかになりました。

西暦2199年、星間国家ガミラスにより壊滅的な被害を受けた地球を救うため、宇宙戦艦ヤマトに乗り込み、宇宙の彼方イスカンダルに向かうクルーたちの活躍を描く本作。2012年から昨年にかけて第1章から第7章が劇場公開され、テレビシリーズも放送。それらを再構成した総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』が10月11日からイベント上映された後、完全新作となる『星巡る方舟』が12月6日より公開されることとなりました。

これまでそのタイトルと公開日以外の詳細は伏せられていましたが、『追憶の航海』予告編と『星巡る方舟』特報、そしてポスタービジュアル公開を受け、ストーリーの一端が明らかになりました。

イスカンダルにおいて、汚染された地球を浄化再生する「コスモリバースシステム」を受領したヤマトが地球に帰還する前の物語となり、突如出現した「ガトランティス」を名乗る艦隊から艦の引き渡しを要求されたヤマトが、彼らから逃れワープした先で、薄鈍(うすにび)色をした異空間に浮かぶ惑星に到達します。

「ガトランティス」といえば「2199」だけでなく、映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』など旧作にも登場した勢力。しかし本作では、「宇宙戦艦ヤマト2199」としてのオリジナルストーリーが展開するそうです。

公開されたポスターは、不気味に浮かぶ謎の惑星を前にしたヤマトの姿が描かれたもので、この星をめぐりクルーがどのような運命をたどるのか、想像が膨らむビジュアルとなっています。

映画『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は10月11日より全国順次イベント上映

映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』は12月6日より全国公開

ヤマト世代の私にとっては、非常に興味のあるニュースです。→ranking

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』予告編の動画はこちら↓


『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』予告編の動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。