スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ムチュア・マドリッド・オープンで錦織が決勝進出

男子テニスツアーのマスターズ大会である2014ムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は10日、シングルス準決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)は第5シードのD・フェレール(スペイン)を7-6(7-5)、5-7、6-3のフルセットで下し、同大会初の決勝進出を果たしました。

この試合で、錦織はファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得し、フェレールのサービスゲームから3度のブレークに成功し、2時間55分で勝利しました。

両者は過去に6度対戦しており、今回の対戦により錦織はフェレールとの通算成績を4勝3敗と勝ち越しました。

決勝進出を果たしたことにより錦織は12日付けで発表される世界ランキングで、M・ラオニチ(カナダ)を抜き第9位となる事が決まり、日本人初の世界ランキング9位を記録すると同時にアジア人として、P・スリチャパン(タイ)が2004年3月に記録して以来のアジア人、最高位と並ぶ快挙を達成します。

そして日本人初のマスターズ決勝進出となりました。

決勝の対戦相手は、クレーキングことR・ナダル(スペイン)。対戦成績こそ0勝6敗と勝利したことはありませんが、今の錦織なら、もしかすると、もしかするかもしれません。

今大会は、タイブレークを落とさない高い集中力が際立っています。

これは、勝負強くなったことの表れだと思います。

決勝が楽しみです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。