スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラエティー番組のギャラについて

バラエティー番組に出演するタレントと、裏方で働くテレビ業界人のふところ事情を、芸能プロダクションのマネジャーA氏と在京テレビ局社員のB氏に聞いたものが、以下の通りです。

スポンサー収入が減り、制作費の削減が進んだ結果、各局とも増えたのが、お金のかからないトークバラエティー番組とのこと。

1時間番組1本の制作費は、ゴールデン帯でおよそ2000万~3000万円。

番組で一番お金をもらっているのは、お笑い芸人などが務める進行役のMC。「たけし、さんま、タモリ、ダウンタウンなどのトップクラスで現在は200万~300万円が実勢価格」(A氏)といいます。

あとは、ベテラン俳優などのご意見番ゲストが1人30万~80万円、10万~30万円の「ひな壇芸人」を数人そろえれば、番組の格好は何とか出来上がる形。

さらに経費を抑えるなら、スタジオを使わないロケがベストとのこと。ぶらり旅番組や飲食店とロケバス内でのトークが多い深夜番組が増えているのはそのためだとか。

ちなみに、地上波以上に予算が厳しいBS、CS放送ですが、ときおり人気俳優が海外の美術館を紹介したり、山を登ったりする特別番組が放送されます。「あの手の番組は、本人が行きたい場所や興味のあるテーマで番組を作ることを条件に、オフの期間に格安のギャラで出てもらう」(B氏)といいます。

それでは、テレビ業界人のふところ事情はどうなのでしょう。在京キー局の場合、テレビ局の社員プロデューサーならば、30代で年収1000万円以上、40代で1500万円以上と、景気に左右されず高収入とのこと。トップのエグゼクティブプロデューサーは、2000万円以上。

ただし、制作会社のプロデューサーだと、年収500万円程度と格差があるようです。「一番悲惨なのは、制作会社から派遣されているAD(アシスタントディレクター)です。テレビ局からの支払いは1ヶ月で約30万円ですが、制作会社から天引きされ、本人に振り込まれるのは18万円程度です」(B氏)。

一部の売れっ子は、会議でしゃべるだけで年収数千万円といわれる放送作家の実態はどうなのでしょう。「現場で台本を中心になって書いているレギュラー作家で1時間番組1本10万円が相場」(B氏)。

週1のレギュラーを3~4番組持てば、月に100万円以上稼げる。それでも、フリー稼業ゆえに、家や車のローンやカードの審査が通らないなどの悩みもあるそうです。

厳しい世界ですね。

次回は、「俳優のギャラについて」です。→ranking

記事はこちら↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1803S_Y4A410C1000000/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。