スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014世界卓球団体戦女子決勝で日本は中国に歯が立たず準優勝

昨日(5月5日)、代々木第一体育館で開催された、2014世界卓子団体戦女子決勝で日本が中国に0-3で負けて、惜しくも準優勝(銀メダル)でした。

それでも、1983年以来の準優勝です。(31年ぶり)

中国はやはり強かったです。普段、男子相手に練習をしているそうなので、男子の早くて強いボールに慣れているのでしょう。

日本も、石川は男子の合宿に参加しているそうですが、中国に勝つには、やはり男子のような速さと強さを身に付けなければならないのでしょう。

ちなみに、各試合結果は以下の通りです。

第1試合 石垣優香1-3丁寧(テイネイ)
第2試合 石川佳純0-3李暁霞(リギョウカ)
第3試合 平野早矢香0-3劉詩雯(リュウシブン)

中国には負けましたが、準決勝の香港戦・第3試合での平野の奇跡の大逆転を観れたことが本当に良かったです。

こんな奇跡があるんだなと感じた試合でした。

ありがとう、卓球女子日本。→ranking

(この団体戦は1ゲーム11ポイント制。また、5ゲームマッチで先に3ゲーム取った方が勝ち。)

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。