スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部寛、古代ローマ人が最も似合う俳優第1位に!

阿部寛主演作『テルマエ・ロマエII』をイタリアのナポリにて開催されたワールドプレミアで鑑賞した約200人のイタリアの観客にアンケートを実施したところ、100人以上の観客が阿部を「作中で古代ローマ人が最も似合う俳優」として選んだとのこと。

2012年に大ヒットを記録した前作に続いて、阿部寛をはじめ、北村一輝、宍戸開、市村正親ら、日本を代表する(!?)濃い顔俳優が古代ローマ人を熱演している本作。

「最も古代ローマ人らしかったのは?」という質問には120票というダントツの投票数で、浴場設計技師ルシウスを演じた阿部寛がトップになったとのことです。

次いで、本作で大活躍を見せる北村一輝演じるケイオニウスが2位に。

前作よりもさらにパワーアップした小ネタが映画全編にちりばめられた本作に、終始笑いっぱなしだったイタリアの観客。

上映後に話を聞くと、「ルシウスは古代ローマ人だけど、僕らが日本に行っても同じ反応をするだろうね」と話す観客も多く、タイムスリップしたルシウス同様、現代日本の画期的なお風呂事情を楽しんでいたといいます。

そこで「映画に登場する日本文化で、最も気に入ったのは?」という質問を投げ掛けると、「ウォシュレット」「指圧」「たる風呂」が接戦の中、「ウォシュレット」が見事1位を獲得したとのこと。

日本の温水洗浄便座は、ハリウッドスターが来日時に感激して購入するほど高性能。ルシウスも感動したその機能は、前作よりもさらにパワーアップした形で登場する。もはや「テルマエ・ロマエ」のもう一人の主人公ともいうべき、大きな存在として君臨している「ウォシュレット」は、阿部の肉体美と共にイタリアの観客の心をがっちりとつかんだようです。

イタリア人のハートも掴んだ『テルマエ・ロマエII』観たくなりますね。→ranking

記事はこちら↓
http://www.cinematoday.jp/page/N0062425

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。