スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番好きなSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

みなさんの好きなSF映画はなんですか?

私の好きなSF映画は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。

その「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作の中でも、特にPart1が好きです。

観ていない方のために簡単にあらすじを書きます。

1985年10月25日、音楽好きの高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)は、知り合いの一風変わった科学者ブラウン博士(クリストファー・ロイド)より、夜中の1時すぎに研究室前の広場にくるように言われました。

ガールフレンドのジェニファー(クローディア・ウェルズ)とデートの約束もすませたマーティが夜中に広場にいくと、そこには改造車デロリアンがありました。

実はこれはタイムマシンで、その実験をしようとする時、燃料に使うため博士が盗んだプルトニウムを狙うリビアの過激派が襲ってきたのです。

銃弾をあび倒れる博士を後に、マーティはデロリアンで逃げ、時速140キロを超えた時に、タイムスリップしてしまいます。

辿りついた所は1995年の同じ月日。彼のパパのジョージ(クリスピン・グローヴァー)とママのロレーン(リー・トンプソン)が、まだ知り合う前。

マーティは未来に帰ろうとしますが、デロリアンの燃料がありません。

彼は若き日の博士を訪ね、次の土曜の夜に街の大広場にある時計台に落雷があったことを思い出し、それをデロリアンのエネルギーにしようと準備を始めました。

一方、マーティはその間に若き日のママとパパと出会います。

ところが、そのママがマーティに一目ぼれしてしまったのです。

ママがパパを好きにならないと、マーティはこの世に存在しなくなってしまいます。過去を変えてはならない。

一方、パパをいつもいじめているビフ(トーマス・F・ウィルソン)はママにモーションをかけるばかり。

マーティはママとパパが結ばれるきっかけとなったダンス・パーティで、パパがビフをやっつけたのを契機にやっと2人のきっかけを作り上げました。

その日の夜、暗雲がたちこめ、雷が鳴り、マーティはデロリアンに乗り込みます。

博士に、30年後の死(テロリストに命を奪われてしまう)のことを書いた手紙に託して、彼は間一髪でタイムスリップに成功します。

彼が戻ってきた1985年は、タイムスリップする前とは真逆の、強いパパのいる世界になっていました。

そして博士も30年前にマーティから受け取った手紙を見て、防弾チョッキを着ていたため、リビア過激派から身を守ることが出来たのです。

何度見ても、ハラハラする映画です。そんな映画ってなかなかないですよね。

当時映画館で観た後もかなり長い間、余韻が残っていました。

また、そんなSF映画に遭ってみたいものです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。