スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LEON」

「LEON」は、私が大好きな映画です。

「グラン・ブルー」の監督であるリュック・ベッソンが撮った作品という意味でも大好きな映画と言えます。

観たことがない人に途中まであらすじを書きます。

ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオン(ジャン・レノ)は、プロの殺し屋として、表の顔はイタリアレストランの経営者のイタリア系マフィアのボスであるトニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていました。

ある日、「仕事」帰りのレオンは、アパートの隣室に住む少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)と、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合います。

マチルダは実の父親であるジョセフだけではなく、義姉のジョアンからも虐待を受けており、義母のマージからはまるで関心を向けられず、幼い弟マイケルにしか心を開けない、閉塞感に満ちたまま日常を送っていました。

だがその翌日、ジョセフが麻薬密売組織の「商品」を横領したことを見抜いたスタンスフィールドとその一味がアパートに乱入し、スタンスフィールドはマージやジョアンを容赦なく射殺してしまいます。

スタンスフィールドは薬の在り処を問い詰めますが、ジョセフが一瞬の隙を見て銃を取ったことから銃撃戦となり、手下の一人が撃ったマシンガンの銃弾がアパート内を乱れ飛ぶことになります。

現場は蜂の巣になり、撃たれたことに激昂したスタンスフィールドがジョセフにシリンダーの弾を全部撃ち込んでいる頃には、すでに4歳のマイケルは流れ弾を浴びて死亡していました。

レオンのために牛乳を買いにでかけ、運良く難を逃れていたマチルダは、帰ってきた頃には家族全員を皆殺しにされていた事を知ります。

マチルダはとっさに隣室のレオンに助けを求め、レオンはしばし逡巡した後に彼女を保護します。

巧みな駆け引きを駆使し、弟の復讐のため殺しの技術を学ぼうとするマチルダと、殺しの腕は一流ながら学がなく、「根が地面についてないということが自分と同じだ」という理由で、鉢植えの観葉植物だけが友達のレオン。

奇妙な同居生活を始めた二人は、やがて互いに心の安らぎを見出すようになり、複雑な感情と信頼を抱いていきます。

ある時、マチルダはスタンスフィールドが麻薬取締局の捜査官であることを突き止めます。

密売組織の背後には、スタンスフィールドを始め、麻薬取締局が絡んでいたのです。

それを知ったマチルダは、麻薬取締局にスタンスフィールドを殺害しに行くのでした。

この後は、実際に映画を観て下さい。

この映画は、レオンとマチルダの友情とも恋愛感情ともつかない微妙な関係の行方と、正確無比で完璧な仕事をするレオンと冷酷で手段を選ばないスタンスフィールドとの闘いが見どころです。

この映画で、ジャン・レノの人気は不動のものとなりましたし、ナタリー・ポートマンも広く名が知られるようになりました。

何度観ても飽きない映画です。

まだ観たことがない方はぜひ観てみて下さい。→ranking

記事はこちら↓
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140419-OYT1T50124.html?from=ycont_top_txt

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。