スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年本屋大賞を受賞した「村上海賊の娘」

全国の書店員たちの投票で選ぶ、今年2014年の「本屋大賞」は、戦国時代に瀬戸内海で大きな勢力を誇った海賊「村上水軍」を題材にした和田竜さんの歴史小説「村上海賊の娘」が受賞しました。

本屋大賞は、毎年、全国の書店員たちが「一番売りたい本」を投票で選ぶ文学賞で、過去の受賞作はいずれもベストセラーになり、映画やテレビドラマ化されるなど影響力の大きい文学賞として注目されています。

この作品は、戦国時代、瀬戸内海で大きな勢力を誇った海賊「村上水軍」の中で、「海賊王」と恐れられた武将を父に持つ娘が主人公です。

織田信長の軍の攻撃を受けている大阪の石山本願寺から応援を要請された村上水軍や毛利氏が、大阪湾で織田方の軍と交戦した「木津川口の戦い」を舞台に、ヒロインが一族の存亡をかけて戦いを挑む姿が描かれています。

作者の和田さんは、大阪府出身の44歳。

大学卒業後、番組制作会社や業界紙で働き、2007年に「のぼうの城」で小説家としてデビューしました。

「のぼうの城」は2012年に実写映画化され公開されました。

今回「本屋大賞」に輝いた「村上海賊の娘」も実写映画化されるのでしょうか?楽しみに待ちましょう。→ranking

記事はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000562-san-soci

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。