スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWS ZOROの山岸舞彩のかな書道について

昨年(2013年)7月、第65回毎日書道展を観に、上野の東京都美術館へ行きました。書道展へ行くのは、この時が初めてでした。

この書道展では、NEWS ZEROの山岸舞彩や、IKKOが入選したことでも有名になりましたので、新聞・報道で知った方も多いのではないでしょうか。

私は、何せ初めての書道展でしたので、出展数の多さにびっくりしてしまいました。

多くの来場者は、自分の書道の先生や友人・知人の展示を見に来ているようでした。

私は、通信教育で、先生もいないため、ただ、最初から順番に見て行ったのですが、あまりの字の多さに、途中で頭が痛くなってしまいました。

そのため、途中からさーっと早歩きで流して見るようにしたのですが、山岸舞彩のかなの入選作品はきちんと見てきました。

感想としては、上手い!さすが、師範!と思わせるほどのものでした。

私もかなをやっているのですが、かなは楷書と違って本当に難しいです。わざとかすれさせたり、変体仮名を使ったりと、覚えることは山のようにあります。そうした中、あの若さで師範というのは、まさに驚異というべきでしょう。

かな書道をやっていない方には、何を言っているのか分からないと思いますが、それくらいすごいことだと思って頂ければそれだけで十分です。→ranking



山岸舞彩の記事はこちら↓
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/09/kiji/K20130709006183310.html

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。