スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「べっぴんさん」のヒロイン・芳根京子に似てると話題の井頭愛海が将来の目標を語る!

今回ご紹介するのは、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK総合で毎週月曜~土曜の午前8時から放送中)に芳根京子演じるヒロイン・坂東すみれの娘・さくら役で出演中の井頭愛海(15)です。

2017年1月11日放送の第82回から15歳に成長したさくらとして登場すると、母親役で4歳年上の芳根京子と「似てる」「そっくり」との声が上がり、注目を浴びています。

井頭愛海は、「自分では似ているって自覚はなかったんですけど、他のキャストの方に最初に言われるのが『芳根ちゃんに似てるね』です。この間も高良(健吾)さんから『すみれ』って間違われました(笑い)」と明かしました。

井頭愛海は2012年の「第13回 全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、2013年公開の映画「おしん」で女優デビュー。朝ドラに出演するのは今回が初で、オーディションを経てこの度のさくら役を勝ち取りました。

ここまでの「べっぴんさん」の放送で印象に残っているシーンは「やっぱりお母さん、芳根さんと対峙(たいじ)するシーンですね」と答えます。

ナイトクラブで踊っているところをすみれに見つかり、頬をたたかれるシーンは「芳根さんとはほとんど“初めまして”(の撮影)だったんですけど、でも逆にその“距離感”がよかったのかも」と言い、「感情をぶつけあったりするシーンでも、仲がよすぎちゃったりすると、お芝居に影響が出たりもするので、これからも距離感を大事にしていきたいし、そういう大事なシーンを重ねるうち、芳根さんともっともっとちゃんとした“親子”になっていけたらなって思います」と語ります。

芳根京子とは外見以外にも「実は似ているところがあるんです」と言い、「私はよくばかなことしてゲラゲラと笑うんですけど、『その笑い方、そっくり』とスタッフさんに言われます」と答えます。

さらに「朝ドラって人の一生を描くじゃないですか? ここでしかできない経験も多いですし、それこそ出産であるとか、おばあちゃんになったりとか、その過程を演じることができるのはやりがいのあるお仕事だなって。だからこのさくらを通して、もっともっと演技の幅を広げていって、いつかは芳根さんのように朝ドラのヒロインをやりたいと思っています」と語りました。

今後の彼女の女優としての成長が楽しみですね。→ranking

■井頭愛海のプロフィール
・愛称:イガっちゃん
・生年月日:2001年3月15日(15歳)
・出身:大阪府
・これまでの軌跡:2012年8月に「第13回 全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。2013年1月に同コンテストのファイナリストで結成された次世代ユニット「X21」としてCDデビューし、同年10月公開の映画「おしん」で女優デビュー。ファッション誌「ラブベリー」(徳間書店)のレギュラーモデルとしても活躍中で、「X21」は3月15日に2枚目のアルバム「Beautiful X」をリリースする。





画像と情報はこちら↓
https://matome.naver.jp/odai/2148109811698949801

動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。