スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2016ツアー・ファイナルズの準決勝にてジョコビッチに完敗

男子テニスの2016ATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は2016年11月19日、シングルス準決勝が行われ、第5シードの錦織圭(日本)は第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に1-6、1-6のストレートで完敗を喫し、初の決勝進出とはなりませんでした。試合時間は、1時間6分でした。

錦織は前日(11月18日)のグループ・ジョン マッケンローの予選ラウンドロビン第3戦でが行われ、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-3、2-6、3-6の逆転で敗れ1勝2敗となりましたが、この試合の前、第1シードのA・マレー(イギリス)が第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に勝利した時点で、錦織の2年ぶり2度目の準決勝進出が確定していました。

第1セット、錦織は、第2ゲーム、第4ゲームをブレークを許し、いきなり連続4ゲームを連取されてしまいました。第5ゲームでやっとブレークバック果たしましたが、直後の第6ゲームでまたもブレークを許し1-5とされ、サービングフォーザセットの第7ゲームをブレークできず、結局このセットを1-6で落としました。

第2セット、錦織は、第1ゲーム、第3ゲームでブレークを許してしまいました。第5ゲームでこの日初めてサービスキープに成功しましたが、第7ゲームでまたもサービスキープできず、結局このセットを1-6で落とし、セットカウント0-2で敗れました。

この日の錦織はアンフォーストエラー(凡ミス)が多く、動きにも冴えが見られませんでした。

短い日程で、ランキング上位のプレイヤーとばかり対戦するというのは、精神的にも肉体的にもかなりやられてしまうのでしょう。

錦織の2016年の戦いはこの試合で終了しました。

2017年が錦織にとって飛躍の年になるよう、みんなで祈りましょう。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。