スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2016全米オープン準々決勝で難敵マレーをフルセットで下してベスト4進出

テニスのグランドスラム大会の2016全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は2016年9月7日、男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が第2シードのA・マレー(イギリス)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5のフルセットで下してベスト4に進出しました。

両者は今回が9度目の対戦。今回の勝利で錦織の2勝7敗となりました。しかし、一番最近対戦したリオデジャネイロ・オリンピックの準決勝では錦織がマレーに完敗していました。

第1セット、錦織は第4ゲーム、第6ゲームでブレークを許し、サービングフォーザセットの第7ゲームでマレーがサービスキープして、このセットを6-1で落としました。

第2セット、錦織は第5ゲームでブレークを許しましたが、続く第6ゲームでブレークバックに成功しました。

その後、第2セット3-3、錦織サーブの第7ゲーム40-30のところで雨のため中断。再開後、第9ゲームまで両者サービスキープの後、錦織はマレーサーブの第10ゲームの最初のセットポイントをモノにして6-4でこのセットを取りました。

第3セット、錦織は第1ゲーム、第7ゲームでブレークを許しましたが、第2ゲーム、第8ゲームでブレークバックに成功しました。しかし、第9ゲームでまたもブレークを許し、第10ゲームをマレーがサービスキープして、このセットを4-6で落としてしまいました。

第4セット、錦織は第4ゲーム、第6ゲームでブレークに成功し、5-1としました。そしてサービングフォーザセットの第7ゲーム、錦織はラブゲームでキープし、このセットを6-1で取りました。

そして運命の最終第5セット、錦織はいきなり第1ゲーム、第5ゲームをブレークしましたが、第4ゲーム、第8ゲームで逆にブレークを許してしまいました。しかし、再度第11ゲームをブレークすると、サービングフォーザマッチの第12ゲームで最初のマッチポイントをモノにして見事サービスキープに成功し、このセットを7-5で取り、セットカウント3-2で勝利しました。

全体的には、最後の最後まで流れが錦織に来たり、マレーに行ったりと、かなり難しい試合でした。

最終的には、第5セット、マレーサーブの第11ゲーム15-30からのダブルフォールトが勝敗を分けました。

次の準決勝は、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)とノーシードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦します。

錦織の決勝進出を信じてみんなで応援しましょう。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。