スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleマップの声を担当した野口美穂さん

Googleマップの音声案内の「中の人」だった女性がネットで話題になっています。

その正体はフリーランスのナレーター・司会者として活動する野口美穂さん。Twitterに動画をアップし、自身がGoogleマップの音声を担当していたことを明かしました。

野口さんは英語とフランス語に堪能で、通訳や外国人を招いたパーティーの司会、インバウンドのガイドなどを請け負っているそうです。声と外国語のプロフェッショナルです。

ナレーションの音声を自宅で録音し、海外の制作会社に納品することもあるそうで、Googleマップもそういった仕事の1つだったとのこと。

「数年前に海外企業に納品した音声が、いま思えばGoogleマップに使われていたみたいです」とそのきっかけを振り返っています。
.
Q.初めて自分の音声に気づいたときはどう思いましたか。

A.わたしが初めて自分の声だと気づいたのは2012年12月でした。ちょうど主人とクルマに乗っていたんです。「Googleマップのアプリでナビができるらしいね」なんて話しながら、立ち上げてみました。自宅に戻るルートを探していたんです。そうしたら、ナビの声に「あれ、なんか似てない?」って思いまして。主人も「これ、そうだよね」と。2人でびっくりすると同時に、「すごいねー」と話したのを覚えています。

どこで音声に使われているか分からないで声の仕事をしている人っているんですねー。実におもしろいです。→ranking

元の記事はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00010006-bfj-sci

彼女のツイッターはこちら↓
https://twitter.com/mihonog/status/730784223456432128?ref_src=twsrc%5Etfw

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。