スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2016BNLイタリア国際の準決勝でジョコビッチに惜敗

男子テニスツアーの2016BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー)は2016年5月14日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-2、4-6、6-7(5-7)の逆転で敗れ、決勝進出とはなりませんでした。

両者は今回が11度目の対戦で錦織から見て2勝9敗となり、2014年の全米オープン準決勝から数えて8連敗となりました。

第1セット錦織は第3ゲームと第7ゲームでブレークに成功し5-2としました。そして、サービングフォーザセットの第8ゲームで錦織がきっちりとサービスキープして、このセットを6-2で取りました。

このセット、第1ゲーム終了後、ジョコビッチは左足の傷の治療のため、メディカルタイムアウトを取りました。ジョコビッチはこの左足をずっと気にしているようで、それがプレーのキレの悪さに表れてしまっているように見えました。

第2セット、第9ゲームまで両者サービスキープが続きましたが、第10ゲームで錦織がブレークを許してしまい、このセットを4-6で落としてしまいました。

このセット、ジョコビッチは徐々に本来のプレーを取り戻していき、結果セットを取り返しました。

そして運命の第3セット、錦織は第2ゲームをブレークされましたが、第7ゲームでブレークバックに成功しました。第7ゲームでは、ジョコビッチが自分のラケットのガットが切れたことに気付かず、主審に指摘されて初めて気付くといった珍事も発生しました。

第10ゲームで錦織は一時マッチポイントを握られましたが、驚異の集中力でその逆境をはね返しました。その後、6-6となりタイブレークに突入しました。

タイブレークは、一進一退の攻防でしたが3-3の後の錦織のダブルフォールトが大きく響きました。最後は、錦織のリターンがネットに掛かり万事尽きました。結局このセットを6-7(5-7)で落とし、セットカウント1-2の僅差で敗れてしまいました。

このセット、錦織もジョコビッチもものすごい気力と集中力で戦いました。自分は、彼らのプレーを見ていて、鳥肌が立つのが分かりました。これほど素晴らしい試合は久しぶりに見ました。

今回は、錦織にとっては限りなく勝利に近い負けでした。しかし、2016ムチュア・マドリッド・オープンの準決勝で対戦した時より明らかに2人の差は縮まったと思います。

次の2人の対戦が楽しみです。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。