スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織が2016ムチュア・マドリッド・オープン準決勝でジョコビッチに惜敗

男子テニスツアーの2016ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は2016年5月7日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、6-7(4-7)のストレートで敗れ、決勝進出とはなりませんでした。

また、錦織とジョコビッチの対戦成績は錦織から見て2勝8敗となり、錦織の7連敗となりました。

第1セット、緊張感のある中、第7ゲームまで両者サービスキープが続きましたが、錦織は第8ゲームでとうとうブレークを許し、このセットを3-6で落としてしまいました。

第2セット、第4ゲームまで両者サービスキープが続きましたが、錦織は第5ゲームでブレークを許してしまいました。しかし、ジョコビッチのサービングフォーザマッチとなった第10ゲームで錦織は抜群の集中力を見せ、4回のマッチポイントをしのぎ、この試合初のブレークに成功しました。そして、そのまま、タイブレークへ突入しましたが、最後は錦織が力尽き、このセットを6-7(4-7)で落とし、セットカウント0-2で敗れました。

この試合、決して錦織の調子は悪くありませんでした。どんな厳しい球でも返してしまうジョコビッチのプレーに錦織は終始苦しめられました。

それでも、第2セット、第10ゲームでマッチポイントを4回跳ね返した時の錦織への観客からの声援と拍手はすごかったです。

次こそは錦織がジョコビッチを破る試合を見せてもらいたいです。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。