2015年08月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“岡山の奇跡”と称され、“超絶美少女”と話題となっているモデル・桜井日奈子とは?

“岡山の奇跡”と称され、現在「白猫プロジェクト」「いい部屋ネット」などのテレビCMに出演し、SNS上で“超絶美少女”と話題となっているモデル・桜井日奈子が、8月24日、地元岡山県・岡山西警察署の“1日署長”に就任しました。

桜井日奈子は、人生で初めて警察官の制服に袖を通したそうで「憧れていて、着れたのでドキドキしてます。嬉しいです!」と喜びをコメントしました。

記者会見の感想を聞かれた桜井日奈子は「あんなにたくさんの報道の方に囲まれたのは初めてだったので、ドキドキして、本当に緊張しすぎて涙出てきちゃいました」と告白しました。

桜井日奈子は、岡山県出身の高校3年生で、現在18歳です。昨年開催された「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に輝いた後、井上和香、山本美月らが所属する芸能事務所「インセント」に所属し、芸能活動を開始しました。

現在は、岡山理科大学の教育学部新設PRCMに出演のほか、「白猫プロジェクト」「いい部屋ネット」などのテレビCMに出演しており、TwitterをはじめとするSNSでは、そのルックスに「超絶可愛い」など絶賛の声が相次いでいるそうです。

本当にそうなのかは、あなたの目で確かめてみて下さい。→ranking

桜井日奈子の画像はこちら↓
http://matome.naver.jp/odai/2141320416665910701

桜井日奈子の動画はこちら↓
(1日署長の動画)

(テレビCM①)

(テレビCM②)


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

深田恭子主演の舞台『100万回生きたねこ』の公開稽古

今回ご紹介するのは、深田恭子主演の舞台『100万回生きたねこ』の公開稽古の様子を映した動画です。

2015年8月15日から8月30日まで池袋の東京芸術劇場で公演されます。

今作が初舞台となる深田恭子がとてもキュートな白ネコ姿を披露しています。

ぜひ見てみて下さい。→ranking

動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015ロジャーズ・カップ準々決勝・錦織vsナダルの試合の振り返り

今回は、先日行われた2015ロジャーズ・カップ準々決勝・錦織vsナダルの試合を振り返りたいと思います。

男子テニスツアーの2015ロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード)は8月14日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)が第7シードのR・ナダル(スペイン)に6-2、6-4のストレートで破り、準決勝進出を決めると同時に、対ナダル戦の連敗を7でストップさせ初の白星をあげました。

第1セット、錦織は第3ゲーム、第5ゲームでブレークに成功し、5ゲーム連取しました。サービングフォーザセットの第8ゲームでは、2連続サービスエースから始まり簡単にキープし、このセットを6-2で取りました。

第2セット、錦織は第3ゲームでブレークしました。圧巻は第4ゲームでした。3連続のサービスエースからのサービスキープ。この好調のまま第5ゲームでもブレークした錦織は4ゲーム連取しました。直後の第6ゲームでブレークを許した錦織でしたが、サービングフォーザマッチの第10ゲームをサービスキープしてこのセットを6-4で取り、セットカウント2-0で勝利しました。

この試合、出だしから錦織のストロークは絶好調でした。ストロークのヒットポイントは、錦織はほとんどがベースラインよりかなり中の方、ナダルはベースラインのかなり後ろの方でした。このため、終始、錦織がオフェンシブ、ナダルがディフェンシブなプレーに見えました。

また、錦織はサービスも絶好調でした。ナダルからあんなにサービスエースを奪ったのですから、サービス改造の結果が出たと言っていいでしょう。

それにしても、あんなにイライラしているナダルを見たのは久しぶりでした。そのくらい、錦織は何をやっても上手くいっていた印象でした。

準決勝で第2シードのA・マレー(イギリス)に敗れましたが、明らかに昨年の全米オープンの前の状況より良くなっていると思います。

錦織にはぜひ全米オープンで昨年の雪辱を果たす意味で優勝を狙ってもらいたいです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アロハ柄ユニホームと短パン姿のすみれが始球式に登場

今回ご紹介するのは、2015年8月5日の楽天対西武の始球式で、アロハ柄ユニホームと短パン姿のすみれが投球した際の動画です。

アロハ柄のユニホームがとても似合っています。

見ていない方はぜひ見てみて下さい。→ranking

動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

錦織が2015ロジャーズ・カップ準決勝でマレーに完敗

男子テニスツアーの2015ロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード)は8月15日、シングルス準決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)は第2シードのA・マレー(イギリス)に3-6、0-6のストレートで完敗しました。

両者は今回が通算6度目の対戦で、対戦成績は錦織の1勝5敗となりました。

第1セット、錦織はいきなり第2ゲームをブレークされましたが、直後の第3ゲームでブレークバックしました。しかし、第6ゲームでもブレークを許しましたが、ここでも直後の第7ゲームでブレークバックに成功しました。それでも、直後の第8ゲームで再ブレークを許してしまい、サービングフォーザセットの第9ゲームでブレークバックできず、3-6でこのセットを落としてしまいました。

第2セットに入っても、錦織にとっての悪い流れは変えられず、第1ゲーム、第3ゲーム、第5ゲームでブレークされ、サービングフォーザマッチの第6ゲームもブレークできず、最後はふがいない形(球を追わず観客からブーイングを受ける場面もありました)で0-6でこのセットを落とし、セットカウント0-2で敗れてしまいました。

この試合で錦織は終始マレーの緩急を付けたストロークとサーブからの絶妙な組み立てに太刀打ちできませんでした。マレーの方が一歩も二歩も上手でした。

前日ナダルに勝ったとは言え、やはりジョコビッチ、フェデラー、マレーの山はまた違った高い壁のようです。

錦織には、全米オープンで何とかこれらの高い壁を越えてもらいたいものです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

楽天カードのCMに出て来るピンク役の女性がカワイイと話題に

楽天カードのCMに出て来る「ポイント戦隊楽天カードマンズ」ピンク役の女性がカワイイとネットで話題になっているそうです。

その女性とは女優、タレントとして活躍している桃瀬美咲で、 岡山県出身、ホリプロ所属の22歳です。

特技は、極真空手とバトントワリングだそうです。

確かに、話題になりそうなルックスです。→ranking

彼女の画像はこちら↓
http://matome.naver.jp/odai/2142068040153488501

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

錦織が2015シティ・オープン決勝でイズナーに逆転で競り勝ち優勝

男子テニスツアーの2015シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は8月9日、シングルス決勝が行われ、第2シードの錦織圭(日本)が第8シードのJ・イズナー(アメリカ)を4-6、6-4、6-4のフルセットの逆転で下し見事初優勝を決めました。

この試合前までの両者の対戦成績は、イズナーの1勝0敗でした。前回は、今年3月の2015マイアミ・オープンの準々決勝で初対戦して、4-6、3-6で錦織が敗れていましたので、今大会は雪辱を果たすかがポイントになっていました。

第1セット、出だしから両者サービスが好調で、サービスキープが続きましたが、4-5で迎えた第10ゲームで錦織のサーブをイズナーがブレークし、錦織はこのセットを4-6で落としました。

このセット、イズナーのサーブのすごさをまざまざと見せつけられました。ファーストサーブは超高速サーブで、セカンドサーブは錦織の身長を軽く超えるようなものすごく跳ねるスピンサーブ、錦織はかなりこれらのサーブに苦しめられました。

第10ゲームは、イズナーが錦織のサーブに対しアタックが立て続けに成功して一気にブレークしてセットをモノにしました。

第2セット、イズナーのサーブのコースを読み始めた錦織が、いきなり第1ゲームをブレークしました。その後、両者サービスキープが続いて迎えたサービングフォーザセットの第10ゲームで錦織がサービスキープして、このセットを6-4で取り返しました。

このセットに入ると、イズナーのアンフォーストエラーが目立つようになり、イズナーのポイントはほとんどが自身のサービスがらみでした。

そして最終第3セット、錦織は第3ゲームでブレークしました。その後は両者サービスキープが続いて迎えたサービングフォーザマッチの第10ゲーム、錦織はラブゲームでサービスキープし、このセットを6-4で取り、セットカウント2-1で勝利しました。

この決勝で、錦織のファーストサーブは高い確率と素晴らしいキレをキープしました。このファーストサーブの調子を維持できれば、どんな大会・どんな相手でも怖くないと思います。

それにしても、身長208cmのイズナーから繰り出されるサーブは脅威でした。両者サービスキープが絶対条件の中、錦織は少ないチャンスを確実にモノにして勝利に結びつけました。

錦織は、今大会優勝したことで、キャリア通算10勝に達しました。

また、錦織は、この大会の終了後に発表される世界ランキングで、S・ワウリンカ(スイス)を抜き、自己最高タイの4位へ浮上することが確定しています。

全米オープンに向けて、良い弾みが付きました。この調子で次のマスターズ、そして全米オープンで大活躍してもらいたいです。

まずは、2015シティ・オープンの優勝を心からおめでとうと言いたいです。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

錦織が2015シティ・オープン準決勝でチリッチを逆転で下して決勝進出

男子テニスツアーの2015シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は8月8日、シングルス準決勝が行われ、第2シードの錦織圭(日本)が第3シードのM・チリッチ(クロアチア)を3-6、6-1、6-4のフルセットの逆転で下し決勝進出を決めました。

この試合前までの両者の対戦成績は、錦織の5勝3敗でした。この試合は、昨年の全米オープン決勝で敗れて以来の対決で、錦織が雪辱を果たすかがポイントとなっていました。

第1セット、錦織は第2ゲームでいきなりブレークを許しました。その後、両者サービスキープが続き、迎えたサービンブフォーザセットの第9ゲームでブレークバックできず、このセットを3-6で落としました。

このセット、立ち上がりからチリッチのサーブ・ストロークともに出来が素晴らしく、錦織には珍しくストロークでも押される場面がありました。なかなか錦織の調子が上がらず、先にストロークミスをするという悪い展開で、結局錦織らしくない形でこのセットを落としました。

第2セット、錦織はやっと本来の調子を取り戻し、第2ゲームでいきなりブレークしました。第3ゲーム終了後、メディカルタイムアウトを取り、左足のマッサージを受ける場面がありましたが、その後も好調をキープし、第4ゲームでもブレークに成功しました。そして迎えたサービングフォーザセットの第7ゲームでサービスキープして、このセットを6-1で取り返しました。

そして、最終第3セット、錦織は第2セットの好調をキープし、第1ゲームでいきなりブレークしました。その後、両者サービスキープが続いて迎えた第8ゲームでチリッチに立て続けにドロップボレーとストロークエースを決められ、ブレークを許し4-4のイーブンに戻されました。しかし、直後の第9ゲームを錦織が再度ブレークして迎えたサービングフォーザマッチの第10ゲームをサービスキープして6-4で取り、セットカウント2-1で勝利しました。

このセット、第8ゲームで悪い流れの中、ブレークを許してしまった時はどうなるかと思いましたが、直後の第9ゲームで悪い流れを断ち切り、すぐにブレークできたことが勝利につながりました。

錦織は決勝で、第8シードのJ・イズナー(アメリカ)とS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対決します。

がんばれ錦織!→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

原江里菜が2015大東建託・いい部屋ネットレディスで強敵・韓国勢の猛追を抑えて優勝

大東建託・いい部屋ネットレディスの最終日の8月2日(山梨・鳴沢ゴルフ倶楽部)、原江里菜が、アン・ソンジュやイ・ボミといった強敵・韓国勢を押されながらも、1打差で逃げ切り、7年ぶりの優勝を果たしました。

「やっと終わったなと。1日がすごく長かった」。試合後に“ホッとしている”と言って試合を振り返りました。

2位のアン・ソンジュと2打差で迎えた最終日でしたが、1、2番でアン・ソンジュが連続バーディを決めて、原江里菜は4番でボギーをたたき、序盤で1ストロークリードを奪われる展開となりました。

しかし、この序盤のアン・ソンジュの逆転により、原江里菜の心は落ち着いていきました。

14、15番の連続バーディで単独首位に返り咲き、迎えた残り3ホール。

1打リードで迎えた最終18番のセカンドショット。当初は前日までの2日間のようにセカンドショットで池越えを狙う選択肢を考えましたが、“今日はパーでいい!”と自分に言い聞かせて、池越えを避け、冷静さを保った結果、優勝を勝ち取りました。

結果的には、7年間優勝できなかったことが18番での冷静さにつながりました。

原江里菜、優勝おめでとう。よく耐えました。→ranking

画像はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000007-alba-golf.view-000

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。