2014年06月の記事 (1/5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ウィンブルドン3回戦で錦織が2日間にわたる試合を制する

テニスのグランドスラムである2014ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は6月30日、男子シングルス3回戦が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が、世界ランク132位のS・ボレッリ(イタリア)を3-6、6-3、4-6、7-6(7-4)、6-4のフルセットの末に下し、大会初の4回戦進出を決めました。

この試合は6月28日に行われ、3-6、6-3、4-6、7-6(7-4)、3-3の時点で日没により順延となり、続きは6月30日に持ち越しとなっていました。

両者は今回が初めての顔合わせで、錦織はボレッリとの対戦成績を1勝0敗とリードしました。

過去同大会で錦織は、2008・2010・2011は初戦敗退、2012・2013年に3回戦進出となったのが最高成績となっているため、今回ボレッリに勝利してウィンブルドン初の4回戦進出を決めました。

錦織は、松岡修造以来19年ぶりの日本人男子ベスト8進出をかけて、4回戦で第8シードのM・ラオニッチ(カナダ)と対戦します。

ラオニッチのサーブには要注意ですが、リターンのいい錦織がサービスブレークを重ねてくれると信じています。

錦織を応援しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

映画『アナと雪の女王』の大阪弁と博多弁バージョンが話題に

映画『アナと雪の女王』といえば、今でもリピーターが多く、ロングランでヒットしていることで有名。また、ディズニー史上初めて2人の「ディズニープリンセス」が主人公となった作品でもあります。

そして今、姉妹で歌うあのシーンが大阪弁と博多弁になった動画がスゴくイイと話題になっているそうです。 プロの仕業ともいえるクオリティーの高さは必見です。→ranking

大阪弁バージョンの動画はこちら↓


博多弁バージョンの動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

川崎ムネリンがかつてないほどインタビュアーを大爆笑させる

2014年6月17日、ムネリンこと川崎宗則選手はメジャーへ昇格。先日、地元メディアに取材されたばかりですが、その人気はとどまることを知らず、続いてはメジャーリーグ情報番組『Intentional Talk』にインタビューされています。

今回は、その様子を動画「Kawasaki joins Intentional Talk」と共にご紹介したいと思います。これまで同番組のインタビュアーをヒィヒィ言わせてきたムネリンですが、かつてないほどおもしろい展開が繰り広げられており、必見の内容となっています!

それにしても、通訳なしで約9分間を一人でこなしてしまうムネリンには驚かされます。→ranking

ムネリンの爆笑インタビューはこちら↓
http://rocketnews24.com/2014/06/27/459312/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サーブで楽に回転をかける方法

以前、初級・初中級者の方のサーブ練習について書かせて頂きましたが、今回はサーブで楽に回転をかける方法について書かせて頂きたいと思います。

トスとラケットを担ぐのを同時に行うのは、実はなかなか難しいものです。

ですから、先にラケットを担いでおく方法はいかがでしょうか?

この方法ですと、トスに集中できると同時に、楽に回転がかけられるようになります。

子供のクラスを見ていると、初めはこの方法で教えている場合が多いんです。

ラケットは、下から上のまたは横の単純な運動で済むように、トスする前にラケットを背中に着くくらいまで下げて担ぐようにするといいと思います。

それと、ラケットの握りは、コンチネンタルグリップ(包丁を持つような握り方)がいいでしょう。

トスは、自分の鼻筋を通すように、すーっと上げるようにします。

ボールを離すリリースポイントは目の高さくらいだと思って下さい。

また、トスでボールを上げる位置は、斜め少し前くらい、トスした手でボールを自然とキャッチできるくらいの位置だといいと思います。

そのトスしたボールを、先に下げておいたラケットで下から上をまたは横をこするように打つと、自然と回転がかかります。

初級・初中級の方は、特にボールの縦回転・横回転は意識せず、ただラケットを振り切ることだけ意識すればいいと思います。ラケットを下から上へ振り上げれば、回転は自然と付いてきます。

サービスを安定させるためには、回転のかかったサービスは必要不可欠です。

気になった方は、ぜひ試してみて下さい。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハリウッド女優ダコタ・ファニングより美しい少女時代ユナ

少女時代のメンバー・ユナ(24)が、ハリウッド女優のダコタ・ファニング(20)とのツーショットで話題になっているそうです。

ファッションマガジン<COSMOPOLITAN>韓国版は最近、ドバイで行われたユナのファッショングラビアとインタビューを、同誌7月号を通じて公開したとのこと。その中で、ユナとダコタのツーショットが多くのネットユーザーの視線を集めたようです。

当時ユナは、「2015 シャネル・クルーズ・コレクション」に出席。フォトウォールでは世界各国からの記者たちによるスポットライトが集中され、ファッショニスタらしい面貌を誇示したそうです。

今回のグラビアについて<COSMOPOLITAN>側は、「ハツラツで爽やかな少女らしい魅力と清純な魅力まで揃えたユナは、今回のグラビアを通じてドレスからファンキー・ルックまで、さまざまな雰囲気のシャネルS/Sコレクションを見事に着こなしたとのこと。

特にイベントの最終日にユナが選んだものは、シャネルの2014スプリング・コレクションのホワイトミニドレスで、清純な彼女のイメージにぴったりと合った衣装だった」と説明したそうです。→ranking

少女時代ユナとダコタ・ファニングの2ショット画像はこちら↓
http://japanese.joins.com/photo/348/1/117348.html?servcode=700§code=740&cloc=jplarticlelpicture

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大手企業がワールドカップに大金を払う3つの理由

あらゆるスポーツの中で、サッカーは世界中でもっとも人気のあるスポーツと言ってもいいでしょう。

2002年、ワールドカップ日韓大会の時には各社約80億円(15社)だったワールドカップスポンサー費が、2010年の南アフリカ大会では各社約330億円(6社)にまで上昇。単価、総額とも上昇しているといいます。これはワールドカップに限ったことではなく、五輪も同様の傾向を示しているとのこと。

五輪が商業化し始めたのは、1984年のロサンゼルス五輪から。1988年と2012年の五輪を比べてみると一目瞭然。1988年に9600万ドルだったスポンサー費は、2012年には9億5700万ドルと、約10倍に上昇しているとのこと。スポンサー1社あたりのスポンサー費も上昇しているようです。

このような状況にも関わらず、大手企業はなぜスポンサーをやめないのでしょうか。理由は3つあるといいます。

理由の1つ目は、グローバル化する市場。

サッカーほど全世界で親しまれているスポーツはありません。ボール一つあれば、発展途上国も先進国も関係ありません。経済・市場がますますグローバル化する中で、大手企業になればなるほどグローバル市場を目指すのは必然です。その時に、サッカーはもっとも多くの人の認知度を得るための手段として最適なのです。

理由の2つ目は、広告効果の変化。

オリンピックのスポンサー数はワールドワイドパートナー(グローバルスポンサー)10社以外に、日本であればゴールドパートナー、オフィシャルパートナーなどがあるように、数多くのスポンサーがついています。では、果たしてどれだけの人がオリンピックのスポンサー企業を覚えているでしょうか。

コカコーラ、マクドナルド、P&Gなどワールドワイドスポンサーがまず先に頭に浮かび、他のスポンサーはあまり覚えていないという人も少なくないはずです。ワールドカップのスポンサー数は6社と極めて少ないのです。だからこそ、ワールドカップにかけたキャンペーンへの注目度は必然的に高くなり、人々の記憶に残る確率は高くなるのです。五輪よりもワールドカップのスポンサーの金額が高くても、スポンサーがつく理由の一つはここにあります。

理由の3つ目は、重要性が増す世界的イベント。

日本ではテレビの視聴率が低下していく中、世界的なスポーツイベントの注目率は上がっています。それは必ずしも自宅のテレビ前での観戦ではなく、パブリックビューイングといった”みんなで盛り上がる”というスタイルの増加にも現れています。これはリアルの世界だけでなく、ソーシャルメディアの世界にも言えること。2011年、なでしこジャパンがワールドカップで優勝した時のTwitter数(瞬間最大)は世界最高の数字となったことはその証明と言えるでしょう。

多くの人の気持ちが一つになれるようなイベントであればあるほど、生でイベントを見ている人だけでなく、パブリックビューイングなど外出先でみんなで見ている人、テレビの前に座っている人、すべての人が自分の気持ちを伝えようとソーシャルメディアで発信します。そして、その気持ちを多くの人と共有することにも喜びを覚えているのです。

ソーシャルメディアの存在は、世界的イベントの盛り上がりを高めるものです。その筆頭格がワールドカップなのです。広告でいかに広く、伝えようと消費者に企業のメッセージは届きにくくなりました。イベントを通じて消費者と共感することによって、企業のメッセージは消費者に届くのです。

企業は広告の費用対効果には年々シビアになっています。その状況にも関わらず、ワールドカップの高額スポンサーフィーを払う企業は、払うだけの正当な理由をしっかりと見い出しているようです。→ranking

記事はこちら↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/443586/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

機動スーツで戦う「オール・ユー・ニード・イズ・キル」特別映像

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、桜坂洋さんのライトノベルがハリウッドで実写映画化された作品で、7月4日から公開されます。

すでに公開されている予告編では出撃して戦死するまでがループしまくる壮絶な戦闘シーンを見ることができますが、実は映画中に出てくる兵士たちの機動スーツはCGではなく実物で、戦闘シーンでは主演のトム・クルーズやエミリー・ブラント自身がスーツを着用して演技していることが自ら語るムービーが公開されました。

ダグ・ライマン監督が本作で最も苦労したのは兵士たちの機動スーツだったとのこと。

スーツの重さは約40kg、付属品を合わせると55kgにもなるそうです。

歩兵たちはみんなこの機動スーツを着ているので、役者たちは体を鍛えて撮影に臨んだそうです。

トム・クルーズは、監督やスタントチームとともに、どんな動きが可能なのかをいろいろと考えたそうです。

歩兵たちが厳しい戦況の中で必死に戦う姿が、これでもかと描かれている映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。

公開が待ち遠しいです。私は観に行きたいと思います。→ranking

機動スーツを着たトム・クルーズらの映像はこちら↓
http://gigazine.net/news/20140624-all-you-need-is-kill/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

初来日のエル・ファニング「日本が大好きになりました!」

ディズニー映画『マレフィセント』でオーロラ姫を演じた女優のエル・ファニングが6月23日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われた本作のジャパン・プレミアに、女優のアンジェリーナ・ジョリーと共に登場したとのことです。

『眠れる森の美女』の城を再現したステージに、アンジーと共に登壇したエル・ファニングは、「初来日なんですが、日本が大好きになりました! 来ていただいた方も大好きです!」と、笑顔全開であいさつしたそうです。

そして、前日に「原宿などでショッピング」を楽しんだと言い、「ベビードール型のドレス、アイスクリームの付いた靴下、そして友達用に、ぬいぐるみがついてクレイジーな感じのスマホケースをたくさん買ったわ。日本にはすてきなものがたくさんありますね」とうれしそうに語ったとのこと。

アンジェリーナ・ジョリー同様、エル・ファニングも大の日本好き外国人俳優の仲間入りですね。→ranking

記事はこちら↓
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/24/209/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なぜ芸能人の写真を撮るのは問題なのか?

歌舞伎俳優の市川海老蔵や、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、プライベートの場で一般人から無断で写真を撮られたことに「悲しい」と相次いで苦言を呈し、ネット上で話題になっています。

スマホやデジカメの普及で、写真を撮って世間に公開する行為が誰にでもできるようになり、罪の意識が乏しいファンは少なくないと思います。なぜ芸能人の写真を撮るのは問題なのでしょうか?

今回の騒動では、一般人の反応は真っ二つに分かれるとのこと。「勝手に撮るなんて常識はずれだ」と芸能人を擁護する意見の一方で、「人前に出る仕事だからガマンせよ」「芸能人だから撮られて当然」という声もかなりあるようです。

誰でも、憧れのスターが目の前に現れたら、興奮して一挙手一投足に注目したくなるのは仕方ないでしょう。しかし、こと写真の撮影に関しては、節度が必要なようです。なぜなら、裁判所の判例などで「肖像権」という権利が認められているからだそうです。

この肖像権には、二つの側面があるようです。一つは、プライバシーの問題。これは芸能人に限らず、すべての一般人にも当てはまる権利。常識的に考えれば、何の断りもなく他人の写真を撮ることは「失礼」だと分かるはず。自分の身に当てはめれば、いきなり写真を撮られてネットにアップされれば、怒らない人はいないでしょう。しかし、これはマナーの問題にとどまらず、法的な「権利」なのだそうです。

「でも、芸能人は私と違う。自ら進んでテレビとか出ているから撮られても仕方ないでしょ?」という声があるのも実情。しかし、顔(肖像)を売って仕事をしているからこそ、芸能人に認められている権利があるそうです。それが「パブリシティ権」というとのこと。

芸能人など著名な人は、活動を通じて多くのファンを獲得し、注目を集めることで経済的な利益を得ています。平たく言えば、自分の顔そのものを商品として稼いでいるということ。となると、一般人が芸能人を勝手に撮影するということは、経済的に価値のある「商品を盗んでいる」行為に当てはまるというわけです。

たとえツイッターといえども、全世界に発信できる「メディア」であることに変わりはないそうです。一般人がネットにアップした芸能人の写真が複製されたりして、その芸能人の経済的な利益を損なう可能性はあります。

実際、「生写真」などとして勝手に撮られた無許可の商品がはびこっています。肖像パブリシティ権擁護監視機構のサイトによると、こうした無許諾商品の年間小売り総額は100億円を超えるというから、その被害は相当なものです。

日本大通り法律事務所(横浜市)の喜多英博弁護士は「昔から著名人のプライバシーについては議論がありましたが、2005年には個人情報保護法が施行され、プライバシー権の意識はますます高まっています。無許可での撮影やSNSへのアップは控えるべきでしょう」と話しているそうです。

有名人を見ても、勝手に写真や動画を撮らないこと。
これに尽きるようですね。→ranking

記事はこちら↓
http://thepage.jp/detail/20140622-00000011-wordleaf?pattern=1&utm_expid=72375470-20.R0Pqy_MbRfeXQAc6SF7PFQ.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch%3B_ylt%3DA2RhYNNMr2BUoj4AWrmJBtF7%3Fp%3D%25E3%2581%25AA%25E3%2581%259C%25E8%258A%25B8%25E8%2583%25BD%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F%25E3%2582%2592%25E6%2592%25AE%25E3%2582%258B%25E3%2581%25AE%25E3%2581%25AF%25E5%2595%258F%25E9%25A1%258C%25E3%2581%25AA%25E3%2581%25AE%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F%26search.x%3D1%26fr%3Dtop_ga1_sa%26tid%3Dtop_ga1_sa%26ei%3DUTF-8%26aq%3D%26oq%3D%26afs%3D

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ざわちんのものまねメークの原点は桐谷美玲

滝川クリステルをはじめ、浜崎あゆみ、益若つばさ、嵐のメンバー全員にまでメークでなりきるざわちん。ものまねメークの原点は、中学3年生のときに、桐谷美鈴に似ていると言われたことだそうです。顔をもっと似せたい一心でさまざまなメーク法を試し、理想の“桐谷顔”を完成させたとのこと。

これを機に、まねをしたい対象を見つけては、その人が愛用する化粧品を調べて研究するように・・・。その結果、メークグッズは段ボール6箱に増えたそうですが、ものまねレパートリーも増え、メディアで披露したものまね顔は60人を超えるそうです。

下記ページで滝川クリステル風メークの方法を教えているので、試してみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

それにしても、ざわちんのものまねメークは似ています。→ranking

ページはこちら↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1001X_Q4A610C1000000/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。