卓球の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才卓球少女・平野美宇の賞金の使い道が泣ける

今回ご紹介するのは、2014年の卓球ワールドツアー、ドイツ・オープン女子ダブルスを史上最年少で制した平野美宇の動画です。

優勝賞金額を聞いたときの「びっくり顔」が海外でも話題になりましたが、果たしてその賞金を何に使ったのでしょうか?

この賞金の使い道が動画で分かります。結構泣ける内容になってます。

ぜひ動画を見てみて下さい。→ranking

動画はこちら↓
http://sports.yahoo.co.jp/video/player/37285

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

卓球のジャン=ミッシェル・セイブのプレーは神技

皆さんは、卓球のジャン=ミッシェル・セイブ(45)という選手を知っているのでしょうか?

ベルギー出身で元世界ランキング1位の選手です。

「攻められたらロビングでしのぎ、チャンスがあれば攻め返す」粘り強さがトレードマークとなっており、そのプレーはまさに神技と言えます。

卓球ってこんなにすごかったのかと思わせます。

まだ彼のプレーを見たことが無い方はぜひ動画を見てみて下さい。→ranking

動画はこちら↓


↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014アジア大会卓球女子団体決勝で日本は福原愛が活躍も及ばず

2014仁川アジア大会卓球女子団体決勝で48年ぶりの金メダルを狙った日本は、卓球王国中国と対戦しました。

第1試合では日本の福原愛が、世界ランク2位の丁寧(テイネイ)相手に気持ちいいくらい打ち込んで先制勝利しました。序盤から強烈なバック、フォアで相手を攻め立て、第1ゲームを11-6、第2ゲームを11-9で奪うと、第3ゲームこそ3-11で落としましたが、第4ゲームは0-7から驚異的な巻き返しを見せて、15-13で競り勝ちました。

決勝まで1マッチも落とさなかった中国から福原愛は1マッチ取ったのです。日本のエースはやはり福原愛だなと改めて感じさせる見事な試合でした。

第2試合の石川佳純もその流れに乗り、世界ランク1位の劉詩文(リュウシブン)を相手に第1ゲームを11-3で奪いました。しかし、第2ゲーム以降は劉が立て直し、6-11、7-11、8-11と3ゲーム連取して、1-1のタイに持ち込まれました。

第3試合、日本は14歳の平野美宇を起用し、中国の世界ランク6位の朱雨玲(シュウレイ)と対戦しましたが、8-11、4-11、3-11とストレート負けして、1-2で中国に王手を掛けられました。

第4試合は石川が、福原に敗れた丁寧(テイネイ)と対戦しましたが、過去6戦全敗の相手に6-11、7-11、5-11でストレート負けし、48年ぶりの金メダルに手が届きませんでした。

しかし、これまで見てきた日本対中国の試合とは明らかに違って、日本のレベルが上がったなと感じさせるものがありました。

次の世界大会に期待したいと思います。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

石川佳純と対戦した韓国のソ・ヒョウオンがかわいいと話題に

昨日(9月28日)、2014仁川アジア大会・女子卓球C組日本対韓国で、日本の石川佳純と対戦した韓国のソ・ヒョウオンがかわいいと話題になっているようです。

私もこの試合を見ていましたが、この子は技術が高いと同時に確かにかわいいなと思いました。

ちなみに、ソ・ヒョウオンは、基本的にはボールをカットして打つカットマンですが、機をみて素早く切り替えドライブボールを打つこともできます。ちなみに、日本のエース・石川佳純はこのソ・ヒョウオンに全く歯が立たず0-3で敗れました。

彼女のルックスをまだ見ていない方は下記ページを見てみて下さい。→ranking

ソ・ヒョウオンの画像はこちら↓
http://matome.naver.jp/odai/2141188912450679401

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014世界卓球団体戦女子決勝で日本は中国に歯が立たず準優勝

昨日(5月5日)、代々木第一体育館で開催された、2014世界卓子団体戦女子決勝で日本が中国に0-3で負けて、惜しくも準優勝(銀メダル)でした。

それでも、1983年以来の準優勝です。(31年ぶり)

中国はやはり強かったです。普段、男子相手に練習をしているそうなので、男子の早くて強いボールに慣れているのでしょう。

日本も、石川は男子の合宿に参加しているそうですが、中国に勝つには、やはり男子のような速さと強さを身に付けなければならないのでしょう。

ちなみに、各試合結果は以下の通りです。

第1試合 石垣優香1-3丁寧(テイネイ)
第2試合 石川佳純0-3李暁霞(リギョウカ)
第3試合 平野早矢香0-3劉詩雯(リュウシブン)

中国には負けましたが、準決勝の香港戦・第3試合での平野の奇跡の大逆転を観れたことが本当に良かったです。

こんな奇跡があるんだなと感じた試合でした。

ありがとう、卓球女子日本。→ranking

(この団体戦は1ゲーム11ポイント制。また、5ゲームマッチで先に3ゲーム取った方が勝ち。)

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。