テニス(アドバイス)の記事 (1/4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いサーブを打つためにはサーブを打つ前のある動作にカギ

皆さんは、サーブを打つ前の動作で一番気にしていることは何ですか?

確かな位置にトスを上げることは当然大事ですが、その次の動作にも良いサーブを打つためのカギがあります。

それは、できるだけ早く弓を引くような形を作ることです。

これは、スマッシュを打つ時の形と同じです。

この形を早く作ることで、タメが出来ると同時にボールをたたく破壊力を生みます。

サーブに威力が無いなーと感じている方は、ぜひこの弓を引くような形を意識してみて下さい。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

バックハンドスライスの打ち方

皆さんはバックハンドスライスって打ったことありますか?スクールではあまりバックハンドスライスの打ち方を教えないのが現状ではないでしょうか。

しかし、バックハンドスライスを習得するといろいろな場面で役に立ちます。例えば、アプローチを打つ場面、つなぐ場面、ドロップショットを打つ場面、ロブを上げる場面などです。

バックハンドスライスを打つにはまずコンチネンタルグリップ(包丁を握るような握り方)にする必要があります。そして左手(左利きは右手)でラケットのスロートの部分を持ってラケットを引き、上から下に斜めに振り下ろしつつ肩からぶつかっていくような感じで長いフォロースルーを取ってボールを打ちます。

ここで大事なのは肩でぶつかっていくような感覚(前へ体重移動する感じ)と長いフォロースルーを取ることです。こうして打つと、ボールは弾んでから滑るような低い軌道を描き、相手にとって打ちにくいボールになります。

この相手に打ちにくいボールというところがミソです。低い軌道を描くボールに対して相手は慎重に返すしかありません。したがって、強いボールが返ってくる可能性が少なくなるのです。

以上は低く滑るボールの打ち方ですが、ドロップショットを打つ場面やロブを上げる場面では少し打ち方が異なります。握り方やラケットワークは同じなのですが、体重移動とラケット面の作り方が違います。ドロップショットやロブを打つ場合は、ほとんど体重移動せずにラケット面をやや上向きにして打ちます。

私は結構バックハンドスライスを使います。打ったことがない方はぜひ試してみて下さい。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いいドロップボレーとは?

皆さんはいいドロップボレーとはどういうボレーだと思いますか?

コーチによると、ドロップボレーは基準としてサービスライン内で3回以上バウンドさせることだそうです。

私も練習しますが、サービスライン内で3回以上バウンドさせることって結構難しいです。

かなりのソフトタッチでボールの勢いを殺してネット際に落とさなければなりません。

初中級までだとドロップボレーはあまり要求されませんが、中級ぐらいになると普通に打てるようにならないといけません。

ドロップボレーを打つコツはとにかくボールの勢いを殺すことです。ラケットにボールが当たった後、すっと力を抜いてやるのです。

初中級までの方は、ネット際の低い球に対して意識してドロップボレーを打つ練習をしてみましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テニスの基本を見て覚えるのに適した本(DVD付)のご紹介

今回は、「テニスパーフェクトマスターー基本をしっかりマスター!」という本(DVD付)をご紹介したいと思います。

この本は、DVDがとても素晴らしいです。大人から子供までとても分かりやすくテニスの基本が解説されています。他にいろいろな本やDVDを見ましたが、この本のDVDが一番分かりやすいと思います。

DVDは、ストローク、ボレー、スマッシュ、サーブとチャプターが分かれているので、確認したいところを一発で見られるようになっています。

フォアハンドがイースタングリップで解説されているので少し古い気もしますが、それを除けば本当に基本中の基本がしっかり解説されていてベーシックの方にはオススメです。

テニスの基本を確認したい方はぜひ参考にしてみて下さい。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フォアボレーは利き手と反対の手の使い方が大事

あなたはフォアボレーは得意ですか?

私は長い間、フォアボレーが上手く打てず悩んできました。

私の所属する中級のクラスでもフォアボレーが上手く打てない人が何人かいます。

フォアボレーを上手く打つコツは、実は利き手と反対の手の使い方にあります。

利き手と反対の手で飛んでくるボールをつかむイメージで、開き気味のラケットで斜めに送り出すようにすると上手く打てます。

ストロークでスライスを打つイメージに近いのですが、ボレーの場合はラケットを体の横より後ろには引きません。

とにかく、ラケットを開き気味に当てて送り出すだけです。

フォアボレーでは、その時に利き手と反対の手をあてがってやる感じです。

このイメージがつかめれば、上手くフォアボレーが上手く打てるようになります。もうフラットに当てるだけのフォアボレーは卒業しましょう。

ぜひ試してみて下さい。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。